FASHION

女優・綾瀬はるかさんが着こなす。春を楽しむ、大人のボーイッシュ 女優・綾瀬はるかさんが着こなす。春を楽しむ、大人のボーイッシュ

Tags :

春の光が降り注ぐ中、綾瀬はるかさんが着こなしてくれたのは、チェック柄やピンクを取り入れた大人のボーイッシュスタイル。まぶたに入れたピンクのアイカラーが、おしゃれを引き立てます。

目次
女優・綾瀬はるかさんが着こなす。春を楽しむ、大人のボーイッシュ
  1. 好きで集めた服は、 なかなか手放せません
  2. 気持ちも新たにチャレンジする、新ドラマ
  3. 何気ない家族の日常を、カメラに収めるのが楽しい
  4. <info>綾瀬はるかさん主演ドラマ『元彼の遺言状』
  5. 女優・綾瀬はるかさん profile

好きで集めた服は、 なかなか手放せません

チェックのつなぎ¥75,900/トゥジュー(トゥジュー 代官山ストア)、シューズ¥39,600/カステラーノ(ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店)

うららかな日差しに包まれる、待ち望んでいた春がやってきました。そんな時季に身につけたくなるのは、柔らかなピンクやラベンダー。春色のコーディネートとメイクで、綾瀬はるかさんも新たな季節の訪れを楽しんでくれました。

「いつもは黒やネイビーがほとんどだけど、やっぱりピンクを着ると、春を実感できて気持ちが上がりますね。チェックのオールインワンは、ボーイッシュな形とちょっとくすんだ色の組み合わせがすごく好きでした。赤のスニーカーもかわいかったし、ワンポイントで足もとに色を取り入れるコーディネートはやってみたいです」

プライベートでは、ずっと服の好みは変わらないという綾瀬さん。

「新しいシーズンのたびに同じような服を買ってしまって(笑)。ただ同じ黒のタートルネックでも、こっちは薄手で、こっちはシルエットがゆったりしていて……と、ディテールが少しずつ違うんです。だから結局どれも手放せなくて」と笑います。

少し前にクローゼットの整理をしたときも、あまり物を減らせなかったのだそう。

「本当に着る服だけに絞ったら、暮らしがシンプルになっていいだろうなとトライしたんです。でも、手に取ってみると、デザインがかわいかったり、手触りが気持ちよかったりして捨てられない。取っておいても着ないとわかってはいるんですけどね(笑)」

暮らしの見直しに目が向いたきっかけは、“こんまり”として知られる片づけコンサルタント、近藤麻理恵さんの本を読んだこと。

「最初に話題になったときは片づけの本だと思って読んでいたんです。でも読み返したら、これは単に服の話だけじゃなく、目に見えない精神的なことを書いているんだな、とはっとして。何を選択して生きていくのか……という思考の話をしているんだと気づけたのはうれしかったです」

気持ちも新たにチャレンジする、新ドラマ

4月にスタートする新ドラマ『元彼の遺言状』は、新川帆立さんの同名小説が原作のリーガルミステリーで、綾瀬さんは主人公の剣持麗子を演じます。大手法律事務所で働く麗子は、「お金が欲しい」と公言する、容姿端麗でパワフルな女性。クライアントのためにはあくどい手を使うことも厭わず、“勝ち”にこだわる優秀な弁護士です。綾瀬さんも台本を読んでまず「エネルギーを奪われないよう、気合いを入れなきゃ」と感じたそう。

「こんな強い言葉を言うんだ……と驚いたんですけど、麗子のようにはっきりした人って、見ていて爽快感があるんですよね。こういう生き方も気持ちいいな、と思ってもらえるよう、快活に演じたいです。相棒役の大泉洋さんとは初共演ですが、大好きな役者さんなので楽しみ。二人の掛け合いがおもしろくなれば、きっと見る人にも楽しんでもらえると思います」

シャツ¥47,300/スタジオ ニコルソン(インコントロ)、パンツ¥16,500/ジャーナル スタンダード ラックス、スニーカー¥8,800/アーメン(ともにジャーナル スタンダード ラックス 表参道店)

麗子らしさを表現する要素のひとつとして綾瀬さんが考えているのが、服やバッグのスタイリング。

「まだ具体的には決まっていなくて、私がぼんやりイメージしているだけなんですけど……。麗子は弁護士だけど、シックなスーツだけじゃなく、意外と華やかなスタイリングもいいのかな?って。快活さも出るし、ブランドものが大好き!という麗子の個性を嫌みなく自然に出せたらいいですね」

撮影が本格的にスタートして、慌ただしい日々が続く中でも、自分らしくいるために欠かせないルーティンは「睡眠」。

「やっぱり体が資本ですから。8時間寝られたら理想的ですね。冷え性なので、寒いときはタイマー付きの電気毛布をベッドの足もとに入れておくんです。入った瞬間に暖かくて、『うわあ、気持ちいい!』って思わず独り言が出ちゃうくらい(笑)。シーツも洗いたてだと、心地よくてぐっすり眠れますよね。そういえば、シーツももう8年くらい使ってるかも。好きなものが決まっているので、服だけじゃなく、暮らしまわりでも同じものを長く使っています」

何気ない家族の日常を、カメラに収めるのが楽しい

ジャケット¥42,900、パンツ¥27,500、キャップ¥8,800/すべてアダルト オリエンテッド ローブス(イルイマジン ランドスケープ)、中に着たカットソー¥23,100/ルール ロジェット(ブランドニュース)、サンダル¥55,000/ブッテロ(ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店)、ソックス/スタイリスト私物

これまでインタビューで「これからしてみたいことは?」と質問されるたびに、はっきり「これ」と答えられないことが、実は気になっていたという綾瀬さん。

「仕事だけじゃなく趣味も含めて、私がやりたいことってなんなんだろう? 人生このままでいいのかな?とずっと思っていて。それを見つける旅に出ています(笑)」

そうして見つけたことのひとつが、最近始めたというカメラ。

「特に実家に帰ると、すごく撮りたいものにあふれていて。ごはんを食べているおばあちゃん、つぎたてのお味噌汁から出る湯気……。実家がまた、すごくいい雰囲気で光が入るんですよ(笑)。ごく普通の日常なんですけど、この瞬間を残したい! と思えるものが多くて。最近は家族に嫌がられて、カメラを向けると顔をそらされちゃうんですけど(笑)。今度は撮った写真をどうやって整理するのがいいか、調べるつもりです」

そうした何気ないけれど満ち足りた時間が、綾瀬さんの朗らかさの源となっているのでしょう。


<info>
綾瀬はるかさん主演ドラマ「元彼の遺言状」

綾瀬はるかさんが演じる今作の主人公は、国内トップクラスの大手法律事務所で働く剣持麗子。容姿端麗でスタイル抜群。派手な高級スーツを身にまとい、ヒールをカツカツと鳴らしながら風を切ってわが道を突き進む敏腕弁護士です。


女優・綾瀬はるかさん profile

1985年生まれ、広島県出身。2000年のデビュー以降、多くのヒット作に出演。主な出演作にドラマ『ホタルノヒカリ』『JIN -仁-』『八重の桜』『精霊の守り人』『奥様は、取り扱い注意』『義母と娘のブルース』『いだてん〜東京オリムピック噺〜』『天国と地獄〜サイコな2人〜」、映画『海街diary』『今夜、ロマンス劇場で』『インクレディブル・ファミリー』(声の出演)など。世界10都市を食べ歩くフォトブック「ハルカノセカイ」シリーズ(講談社)も発売中。2022年6月には出演映画『はい、泳げません』が公開予定。

photograph:Emiko Tennichi styling:Mana Yamamoto hair & make-up:Akemi Nakano text:Hanae Kudo web edit:Riho Abe
リンネル2022年5月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年7月号

初夏から夏へ! 季節のはざまの軽やかな装い

特別付録
MOOMIN[ムーミン]
ポケットにしまえて絵柄が変わる!
リトルミイ大型ボストン

特別価格:1040円(税込) / 表紙:麻生久美子 /
2022年5月19日発売

VIEW MORE