FASHION

杏さん「少しずつ自分のためにかけられる時間が増えてきました」インタビュー前編 杏さん「少しずつ自分のためにかけられる時間が増えてきました」インタビュー前編

杏 「競争の番人」 カバーレディ インタビュー
Tags :

リンネルの表紙に約5年ぶりに登場してくれた女優の杏さん。ここ最近のおしゃれの変化やYouTube配信で伝えたいことなど、たっぷり前編後編に渡ってうかがいました。

目次
杏さん「少しずつ自分のためにかけられる時間が増えてきました」インタビュー前編
  1. 夏はピアスを開けて、耳元のおしゃれを楽しみたい
  2. 杏さんプロフィール
  3. 杏さん出演ドラマ「競争の番人」

夏はピアスを開けて、耳元のおしゃれを楽しみたい

夏のきざしを感じさせるまぶしい光の中、白の花束とともにカメラの前に立った杏さん。カットワークレースや刺しゅうが施されたアイテムには「透明感があるだけじゃなくて、身につけていて心地いい。日常でも着ていたいと思う服でした」との感想が。以前は「子どもといつでも公園へ行けるように」と、汚れを気にせず動ける服を選んでいたという杏さんですが、最近は少し変化が。

「子どもたちも大きくなって、公園でもずっと一緒に遊んでいるというよりは、見守っていられるようになったので。ナチュラルなだけでなく、そこに『きれい』や『かっこいい』の付加価値のあるおしゃれをだんだん楽しめるようになってきたのかな。かわいい服を着て、ちゃんとアクセサリーやネイルをしていると、子どもたちも喜んでくれますしね」

おしゃれの幅を広げるため、今年の夏はピアスを開ける計画も。「前よりは子どもの手が離れてきたとはいえ、家事のしやすさを考えると、指輪やブレスレットよりも耳元のほうがデイリーに楽しめるかな?と思って。マスク生活もまだ続きそうだし、ピアスがあば、おしゃれがより楽しくなりますよね。それと、ちゃんとペディキュアを塗り続けるのもこの夏の目標。剝げたのに気づかず過ごしていて、ふいにサンダルを履いて慌てることが多いので。こまめに塗り直すよう気を使いたいですね」

服やアクセサリー、ネイルと、少しずつ自分のためにかけられる時間が増えてきたという杏さん。「私は36年に1度の “五黄の寅”生まれなのですが、今年は年女で、変化が起こりやすいそう。ピアスもそのひとつかもしれませんが、せっかくならいい変化をしていきたいな、と探っているところです」

■杏さんのインタビュー後編を読む↗「動画では、完璧じゃない姿も見てもらえたら」


杏さんプロフィール

あん/1986年生まれ、東京都出身。15歳よりモデルとして活動を始め、2007年に女優デビュー。2016年に双子の女児、2017年に男児を出産。近年のおもな出演作に映画『鹿の王~ユナと約束の旅~』( 声の出演)や『CUBE 一度入ったら、最後』『とんび』『アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』(日本語吹替え版出演)、ドラマ「偽装不倫」「日本沈没-希望のひと-」など。YouTubeチャンネル「杏/anne TOKYO」も人気。


杏さん出演ドラマ
「競争の番人」

「公正取引委員会」を舞台に、坂口健太郎さん演じる切れ者で理屈っぽい小勝負勉と、杏さん演じる実直な元刑事の白熊楓が凸凹バディに。自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる“競争の番人”として、不正を働く企業の隠された真実をあぶり出す。フジテレビ系・月曜21時~・7月より放送開始


photograph : Emiko Tennichi styling : Maki Iwata hair&make-up : Keiichi Hiramoto text : Hanae Kudo web edit : Masako Serizawa
リンネル2022年8月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年9月号

おしゃれさんの夏のMY定番スナップ

特別付録
miffy[ミッフィー]
刺しゅうがかわいい保冷ビッグトート

特別価格:1080円(税込) / 表紙:浜島直子 /
2022年7月20日発売
※一部の地域では発売日が異なります

VIEW MORE