FASHION

杏さん「動画では、完璧じゃない姿も見てもらえたら」インタビュー後編 杏さん「動画では、完璧じゃない姿も見てもらえたら」インタビュー後編

杏 「競争の番人」 カバーレディ インタビュー
Tags :

リンネルの表紙に約5年ぶりに登場してくれた女優の杏さん。ここ最近のおしゃれの変化やYouTube配信で伝えたいことなど、たっぷり前編後編に渡ってうかがいました。

目次
杏さん「動画では、完璧じゃない姿も見てもらえたら」インタビュー後編
  1. 「競争の番人」の演技を通じて、身近なものに対する視線が少し変わりました
  2. YouTube動画では、完璧じゃない姿も見てもらえたら
  3. 杏さんプロフィール
  4. 杏さん出演ドラマ「競争の番人」

「競争の番人」の演技を通じて、身近なものに対する視線が少し変わりました

最近は、体を整えるために毎朝のストレッチも習慣に。それには、現在撮影中のドラマ「競争の番人」の衣装も関係しているとか。

「いつもスーツで、シャツの第一ボタンまできっちり留めているようなキャラクターなので、肩まわりが動かしにくくて。足もとも革靴でむくみやすいので、軽減するためにも肩まわりのストレッチをするようになりました」

ドラマの原作は、この春放送された「元彼の遺言状」の原作者でもある作家・新川帆立さんの同名小説。個性あふれる公正取引委員会の面々が、不正な手段で利益を得ようと企む企業を追及していく……というストーリーです。公正取引委員会=公取委という名前は聞いたことがあっても、多くの人にとってはあまりなじみのない存在。けれども本作を通じて、実は私たちの生活とも深いかかわりがあることに気づかされます。

「たとえばコンビニでもお店によって置かれているものは違いますよね。飲みものひとつ取っても、いくつもの過程を経て最終的にお店に並んでいる。普段の生活で目にしている商品は、そのほとんどが競争を勝ち抜いてきたものなんだな……と、身近なものに対する視線が少し変わった気がします」

杏さんが演じるのは元刑事の白熊楓(しろくまかえで)。ある事件の犯人を目前で取り逃がしたことが問題となり、公取委への異動を命じられます。

「公取委は事情聴取や張り込み、聞き込みのような、警察に近い仕事もありながら警察ほどの権限を持たないという、地味で目立たない部署。白熊はそのギャップに戸惑いつつ、だんだん公取委の可能性に気づき、ここでやっていこうと覚悟を決めていく。その成長もドラマの軸になると思います」

頭で考えるより先に体が動くというタイプの白熊と対照的なのが、坂口健太郎さん演じる、理屈っぽくドライな小勝負勉(こしょうぶつとむ)。二人のバディがどのように信頼関係を築いていくかも見どころです。坂口さんとは映画『オケ老人!』で共演したものの、ドラマでは初めて。

「坂口さんは笑いの沸点が低いみたいで(笑)、よく笑いをこらえたり、我慢できずに吹き出したりしているんですけど、その姿が場を和ませてくれます。白熊たちが所属している第六審査=“ダイロク”のメンバーを演じるのは小池栄子さん、大倉孝二さん、加藤清史郎さん……と、坂口さんはじめ、ほんわかした人ばかり。とてもいいチームワークで撮影できています」

■杏さんのインタビューを前編から読む↗ 「少しずつ自分のためにかけられる時間が増えてきました」

YouTube動画では、完璧じゃない姿も見てもらえたら

演技の仕事に加えて、昨年からはYouTubeでの発信もスタート。弾き語りや料理をしたり、おすすめのキッチングッズを紹介したりと、杏さんの日常が感じられる内容が話題になっています。

「日々の生活の中でアウトプットできる場があったら楽しそうだな、と。やりたいことはいくらでもあって、“大人の社会科見学”のように、いろんな場所を訪ねる企画もしてみたい。今日もこの後、ある分野の専門家の方にお話を聞きに行くんです。好きなことを人に伝えるって、やっぱり楽しいですね」

テレビや雑誌ではかっこよく完璧なイメージの強い杏さんですが、動画では、飾らない意外な一面も。

「YouTubeでは、あまり無理をしないようにしているんです。弾き語りでも、『ちょっと間違えたけど、(一緒に映っている)犬がかわいいから上げちゃおうかな』という感じ(笑)。わりと努力家と思われがちなんですけど、実はざっくりしているんですよね。それが伝わったらうれしいです」


杏さんプロフィール

あん/1986年生まれ、東京都出身。15歳よりモデルとして活動を始め、2007年に女優デビュー。2016年に双子の女児、2017年に男児を出産。近年のおもな出演作に映画『鹿の王~ユナと約束の旅~』(声の出演)や『CUBE 一度入ったら、最後』『とんび』『アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』(日本語吹替え版出演)、ドラマ「偽装不倫」「日本沈没-希望のひと-」など。YouTubeチャンネル「杏/anne TOKYO」も人気。


杏さん出演ドラマ
「競争の番人」

「公正取引委員会」を舞台に、坂口健太郎さん演じる切れ者で理屈っぽい小勝負勉と、杏さん演じる実直な元刑事の白熊楓が凸凹バディに。自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる“競争の番人”として、不正を働く企業の隠された真実をあぶり出す。フジテレビ系・月曜21時~・7月より放送開始


photograph : Emiko Tennichi styling : Maki Iwata hair&make-up : Keiichi Hiramoto text : Hanae Kudo web edit : Masako Serizawa
リンネル2022年8月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年9月号

おしゃれさんの夏のMY定番スナップ

特別付録
miffy[ミッフィー]
刺しゅうがかわいい保冷ビッグトート

特別価格:1080円(税込) / 表紙:浜島直子 /
2022年7月20日発売
※一部の地域では発売日が異なります

VIEW MORE