日々の食卓

少しの工夫でめでたい度がUP! お正月をかわいく添える小ワザと小モノ 少しの工夫でめでたい度がUP! お正月をかわいく添える小ワザと小モノ

Tags :

縁起物の葉や和の小物をさりげなく飾ればセンスの光る、大人かわいいお正月に! 今回はお正月に使える小ワザと小モノをスタイリストの曲田有子さんに教えてもらいました。

目次
少しの工夫でめでたい度がUP! お正月をかわいく添える小ワザと小モノ
  1. 葉っぱづかい
  2. 小物づかい
  3. 教えてくれたのはスタイリストの曲田有子さん

【葉っぱづかい】

笹の葉

殺菌や防腐の効果があり、清らかなものとされています。右は小笹、左は大笹で、仕切りや添え物など、さまざまな使い方ができます。

三角に巻いた笹は小さな器代わりに

大笹を三角のコップ状に巻き、楊枝で留めれば小皿のような仕切りに。汁けのある料理の盛り付けに便利。

松葉

常緑で樹齢が長い松の木は、長寿の象徴です。かいしき(器に敷くもの)や銀杏や黒豆に飾り刺しにしたりして、おせちによくあしらわれます。

黒豆松葉で盛り付けのアクセント
黒豆に松葉を刺して、かわいい松葉黒豆に。松葉が刺さりにくい場合、松葉を2本にして一粒に刺してみて。
松葉のかいしきは料理の引き締め役
直線的で、繊細な印象がある松葉。長めのものをそのまま器に敷けば、料理や器をシャープに見せます。

南天

「難を転じる」にかけ、縁起物として、お正月に葉や赤い実を飾る習慣が。おせちはもちろん、祝いの赤飯などの飾りとしても用いられます。

上品でかわいい、南天のかいしき
小さくてやわらかな南天の葉は、そのまま器に敷くだけで、料理やお菓子をかわいらしく引き立てます。

【小物づかい】

手ぬぐい

短くして使い勝手よくナプキンや手拭きに
おめでたい赤や紅白の手ぬぐいを手拭きとして添え、華やかに。1/3の長さに切ると、使いやすくなるのでおすすめです。切りっぱなしでいいのもうれしいところ。

箸置き

縁起のよい水引の結びを箸置きにして
淡路結びや平梅結びなど、おめでたい水引の結びの文様は、かわいい箸置きに! 右上や中央は、錫製。それ以外はシールなどで、ラッピングコーナーで購入可能。

竹串

刺すだけで見栄えも食べやすさもアップ
和の気分を盛り上げるなら、串も青竹製をセレクト。刺すだけで盛り付け上手に見えるだけでなく、料理を取り分けやすくする実用的なアイテムとしても活躍。

懐紙

シンプルな器に敷けばあらたまった雰囲気に
器がシンプル、盛り付けに余白があるなどの場合は、懐紙の出番。特別感が出て、スタイリングが決まります。紅白のものから梅や扇などのキュートな形のものも。

梅形の懐紙もお正月らしい!

教えてくれたのは

スタイリスト 曲田有子さん
雑誌や書籍などで活躍するスタイリスト。テーブルコーディネートの知識は豊富。大人のかわいらしさが効いた上品なコーディネートが人気。

おせちのレシピや記事はこちら

色のある皿やクロスでお店のように! tottoさんの器の活用術


cooking: Sachiko Izui photograph: Miyako Toyota styling: Yuko Magata text: Kaori Akiyama web edit & text : Liniere.jp
リンネル2018年1月号より
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

一番大切にしたいこの気持ち。
“好き”をまとって暮らす幸せ

特別価格:1020円(税込) / 表紙:高畑充希 /
2022年1月19日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています