おでかけ

日本が誇る衣食住を堪能。三重の新リゾート 日本が誇る衣食住を堪能。三重の新リゾート

Tags :

伊勢神宮や熊野古道にもアクセスのいい三重県・多気町にある日本最大級の商業リゾート施設「VISON(ヴィソン)」。2021年7月20日に9つのエリアがすべて完成し、ついにグランドオープンを迎えました。

衣食住の営みを体感できるリゾート

「VISON」は、9つのエリアからなる東京ドーム約24個分の広大な商業リゾート施設。「すべては、いのちを喜ばせるために。」をテーマに、飲食店や雑貨店、ミュージアム、ホテルなど全73店舗が集結しています。

グランドオープンに先駆けて営業していた一部のエリアに加え、今回新たにオープンしたのは5つのエリアです。

和ヴィソン

和食の魅力を堪能できるエリア。味噌、醤油、酒といった、和食の味を支えるメーカー企業の工房や専門店が一堂に会し、一部の店舗では製造見学や手作り体験などのワークショップも開催。さらに三重のおいしい食材を使った飲食店もたくさん!

サンセバスチャン通り

世界一の美食の街として知られるスペイン・サンセバスチャン市と「美食を通じた友好の証」を締結している多気町。記念に名付けられた「サンセバスチャン通り」には、現地で人気のバルのほか、散策にぴったりのパーソナルモビリティを貸し出すカフェ、雑貨店やスウィーツショップなどが軒を連ねます。ミナ ペルホネンのミュージアムとショップも登場。

HOTEL VISON(ホテルヴィソン)

“野に遊び、野に学べ”をコンセプトに、三重県産の木材を使用するなどしてつくられた宿泊施設です。HOTEL VISONは、6 棟のヴィラ・155 室のホテルタイプからなります。

自然に囲まれた非日常を楽しめる6棟のヴィラは1棟1棟が独立しており、中には犬と宿泊できるドッグヴィラも。ホテルタイプは5タイプの客室があり、多くの客室には室内と同等の広さの大きなテラスを設け、中にはテラスに露天風呂を備えた部屋もあります。居心地のよさにこだわり抜いたしつらえが贅沢。

ほかにも陶芸家で造形作家の内田鋼一氏がプロデュースし、の文化を発信する「アトリエ ヴィソン」や、サステナブルなオーガニック農園の横でイタリアンシェフの奥田政行氏が監修する食事を楽しめる「農園エリア」にも見逃せない魅力がたっぷり。


グランドオープンに先立ち営業中の「本草エリア」「マルシェ ヴィソン」「スウィーツ ヴィレッジ」「木育エリア」に加えて5つのエリアがオープンし、どんどん楽しい取り組みを広げている「VISON」。ここで上質な衣食住を堪能する夏休みはいかがでしょうか?



edit & text : Kozue Minoura
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

暮らしとおしゃれ秋のTO DO LIST

特別価格:890円(税込) / 表紙:黒木華 /
2021年9月18日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています