おでかけ

スノーピーク初の複合型スパリゾートが来春誕生! 隈研吾氏がデザイン スノーピーク初の複合型スパリゾートが来春誕生! 隈研吾氏がデザイン

Tags :

スノーピーク(Snow Peak)が、新潟県三条市にある本社の敷地を拡張し、温浴施設やレストラン、宿泊施設を併設した複合型リゾート施設「FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS(フィールド スイート スパ ヘッドクォーターズ)」を2022年春にオープンします。

“衣食住働遊”が詰まったアウトドアリゾートフィールド

1958年の創業以来、人と自然のつながりを追求してきたスノーピーク。キャンプ場を併設している新潟本社の敷地を約5万坪から約15万坪へ拡張し、“衣食住働遊”の要素が詰まったライフバリューフィールドの実現を目指す「Snow Peak 未来構想プロジェクト」を始動。
そのプロジェクトの第1弾として、スノーピーク初の温浴施設を中心とした、自然を感じる複合型リゾート施設「FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS」が2022年春に誕生します。

露天風呂&サウナの温浴施設で癒やしのひとときを

「FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS」は、世界的建築家である隈研吾氏の設計によるもの。
温浴施設として、日本三百名山の一つである粟ヶ岳の眺望を楽しむことができる開放的な露天風呂や焚き火を囲むような感覚で楽しめるサウナが装備されています。

自然を身近に感じられるレストランで地元の食材に舌鼓

レストランでは、地元の食材を活かしたメニューを提供。生産者の方々と深くつながり、地元の食材を活かすことで、食を通じて地域の魅力を発信していける場所にしたいというスノーピークの想いが込められています。
店内はオープンキッチンを採用し、ライブ感を満喫できるほか、全面ガラス張りなので自然をより身近に感じることができます。

新潟の四季に溶け込むヴィラ&モバイルハウス

宿泊施設は、3棟のヴィラに加え、隈研吾氏とスノーピークが共同開発したモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」が併設される予定。レストラン同様、自然との一体感が感じられるような設計になっています。


キャンプに備わる「衣食住」に加え、「働く」「遊ぶ」の要素をプラスした「FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS」。キャンプをする人はもちろん、あらゆる人が楽しめる空間が広がり、自然との一体感を堪能することができそうです。


「FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS」

開業時期:2022年春

住所:新潟県三条市中野原456

建築面積:2,007.644㎡

延床面積:2,133.455㎡(B1F部分:1,360.218㎡、1F部分:600.343㎡)

SPA面積:約400㎡/最大収容人数240名

レストラン面積:約140㎡/座席数:65席

宿泊施設:ヴィラ棟 合計3棟(100㎡:1棟、50㎡:2棟)、ほか住箱設置予定

その他の施設:リラックスラウンジ、ショップなど

 

スノーピーク(Snow Peak)公式サイト


日本が誇る衣食住を堪能。三重の新リゾート

都市型観光ホテル「星野リゾート OMO」で街と一体化した宿泊体験を


edit & text : Mina Ota
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

北欧から届いた暮らしのアイデア

特別価格:1030円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2021年10月20日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています