おでかけ

湯河原の自然の中で温泉・食・本を堪能できるリトリート施設がオープン! 湯河原の自然の中で温泉・食・本を堪能できるリトリート施設がオープン!

Tags :

都心から1時間半、湯河原温泉の中心部に位置する、歴史ある万葉公園。その公園内に「温泉と食と本」をテーマにしたリトリート施設「湯河原惣湯 Books and Retreat(ゆがわらそうゆ ブックス アンド リトリート)」が8月31日(火)にグランドオープンします。

自然の中に佇む、予約も可能な日帰り温泉「惣湯テラス」

「湯河原惣湯 Books and Retreat」は、予約もできる日帰り温泉「惣湯テラス」と、カフェやコワーキングスペースがある「玄関テラス」など、自然を生かした複数のテラスで構成されています。

万葉公園の渓流と多様な植物が生い茂る小道を抜けた先にあるのは、予約も可能な日帰り温泉「惣湯テラス」。源泉かけ流し温泉の露天風呂2箇所とサウナのほか、季節の味が楽しめるダイニング、ライブラリー、ラウンジを併設。ダイニングやライブラリーが入る建物は、かつて市民プールや足湯施設として愛され使われてきた場所をリノベーションし、活用しています。

露天風呂
すぐそばを流れる千歳川のせせらぎや、木々の色、香りに囲まれながら、源泉かけ流しの湯河原のやさしい湯を堪能できます。
食事
季節の食材を取り入れ、その食材ならではのおいしさをシンプルに味わえる食事を提供。食事とフリードリンク(アルコールは2杯目から有料)は料金に含まれています。
ライブラリー
エッセイ、小説、アート、旅、建築など、さまざまなジャンルの本をセレクトし、蔵書から入れ替えながら常時100冊以上の本が揃えられています。
ダイニング
豊かな緑がガラス越しに目に入り、心地よく落ち着いた空間が広がるダイニング。自然を感じながら、季節の食材を生かした料理を味わうことができます。

さらに奥には静かで落ち着きのある露天風呂&ラウンジも

「湯河原惣湯 Books and Retreat」の敷地の一番奥には、もうひとつの露天風呂がひっそりとあります。その横に併設されたラウンジは、以前、湯河原町が蛍を育てていた小屋を内包する形で蘇らせた建物。窓の向こうには木々だけが目に映る、静かなラウンジになっています。

渓流沿いで軽食やドリンクが楽しめる「玄関テラス」

公園の入り口にある「玄関テラス」は1階がテイクアウト専門のカフェ、2階が無料のコワーキングスペースで構成。カフェでは、小説やエッセイ、レシピブック、絵本など、さまざまなジャンルの本をセレクト。これらの本は公園内に持ち出すことができるため、コーヒーやスイーツとともに渓流沿いで読書の時間を満喫できます。

こだわりのテイクアウトメニュー
新鮮なまぐろをコンフィにして作ったオリジナルのハーブツナのサンドイッチなど、公園内で食べるのに最適なメニューが充実。コーヒーやワインなどのドリンクも豊富に揃っています。左上から時計回りに:サンドイッチ各種¥700、チーズドッグ¥700、コーヒー¥500、あんバターサンド¥500

木々の間や川のほとりに点在するテラスで、湯河原の自然を感じながら、温泉でリラックスしたり、食事を楽しんだり、読書に没頭できる「湯河原惣湯 Books and Retreat」。思い思いにゆったりとした時間を過ごすことで、豊かな体験ができそうです。


「湯河原惣湯 Books and Retreat」

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566番地

TEL:0465-43-7830 「惣湯テラス」TEL0465-43-8105

営業時間:「玄関テラス」10:0017:30 「惣湯テラス」10:0020:00

定休日:第2火曜日

 

「惣湯テラス」利用概要

料金:¥5,5005時間滞在) 別途入湯税¥100

*予約可能

*食事・フリードリンク(アルコールは2杯目から有料)

*昼食オーダー 11:3013:30 / 夕食オーダー 17:0018:30

入場:中学生以上

設備:温泉(2箇所)、サウナ、ダイニング、ラウンジ、ライブラリー、脱衣室

 

湯河原惣湯 Books and Retreat公式サイト

湯河原惣湯 Books and Retreatインスタグラム


スノーピーク初の複合型スパリゾートが来春誕生! 隈研吾氏がデザイン


photo : Kohei Yamamoto
edit & text : Mina Ota
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

暮らしとおしゃれ秋のTO DO LIST

特別価格:890円(税込) / 表紙:黒木華 /
2021年9月18日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています