おでかけ

麹のチカラをもっと身近に「茅乃舎 麹蔵 玉川髙島屋S・C店」がオープン 麹のチカラをもっと身近に「茅乃舎 麹蔵 玉川髙島屋S・C店」がオープン

Tags :

「茅乃舎だし」など和風調味料を販売する久原本家グループの株式会社久原本家が、2021年10月14日に「茅乃舎 麹蔵 玉川髙島屋S・C店」をオープン。「茅乃舎 麹蔵」は茅乃舎の発酵食品で、からだの内側から美しく、健やかな毎日を応援する「麹」専門ブランドです。

目次
  1. 今までにない。茅乃舎 麹蔵の「麹味噌」
  2. きれいを育む! 砂糖不使用、自家製米麹100%「和の発酵ドリンク」
  3. 鍋の素や味噌漬けも。まだまだある麹シリ―ズ
  4. 手土産にもおすすめ「茅乃舎だし玉」も販売

今までにない。茅乃舎 麹蔵の「麹味噌」

大豆と麹の比率を示す“麹割合”が非常に高く、麹をふんだんに使った茅乃舎 麹蔵の「麹味噌」。特別な種麹「AOK139菌(高機能性種こうじ菌)」を使って丁寧に仕込んだ米・麦麹を使用し、仕上げの加熱殺菌をしない無添加の生味噌が新登場。お好みの麹割合で選べます。

麹だけの究極の甘みと旨み
茅乃舎 濃麹味噌四十五割(40g入り¥291/300g入り¥972)は、四十五割という前例のない麹割合で仕込んだ、甘みと旨みを極限まで引き出した特別な味噌です。
やさしい味わいが魅力
茅乃舎 旨麹味噌三十五割(40g入り¥291/300g入り¥810)は、強い麹の力で、茅乃舎の既存商品の合わせ麹味噌に比べて30%の減塩を実現。やさしいコクと旨みは茅乃舎だしと相性抜群の味噌です。

きれいを育む!砂糖不使用、自家製米麹100%「和の発酵ドリンク」

新登場の「茅乃舎 飲む麹」は、「久原黄麹33」と「久原白麹11」のダブルの麹の働きで、美容にもうれしい希釈タイプの発酵飲料です。
麹が醸し出す自然な甘みと「久原白麹11」が生み出すクエン酸と乳酸菌が加わったほのかに甘酸っぱい味わいが特徴。麹蔵で育てた自家製米麹に加えて、お米由来の植物性乳酸菌も配合し、体の内側からナチュラルに、軽やかなからだへと導きます。
味は全部で3種類。「飲む麹 プレーン」(¥702)は甘みと酸味のバランスがとれたやさしい味わい。「飲む麹 日向夏と柚子」(¥864)は2種類の九州産かんきつの果汁を配合。香り高く、より爽やかな味わいで、炭酸割りがおすすめ。「飲む麹 あまおう」(¥972)は福岡のブランド苺「あまおう」の果肉と果汁をまるごと配合。ミルク割りやロックがおすすめ。

鍋の素や味噌漬けも。まだまだある麹シリーズ

これからの時季にうれしい鍋の素
麹の美味しさを生かすため3段階で作る「茅乃舎 だし麹鍋/塩、醤油、味噌」(一人前×2回分 各¥756)が登場。「つけ込み麹だれ」を肉に揉みこみ、「だし麹鍋つゆ」で具材を煮込み、仕上げに「追い麹だれ」をかけることでより麹の風味が感じられる仕上がりに。
素材本来の美味しさを味わう
麹味噌漬け
麹の甘みと味噌の旨みで素材本来の美味しさが引き立つ「茅乃舎 麹味噌漬け」は「麹味噌漬け 銀鮭、鰆」(各¥864)と「麹味噌漬け 黒豚」(¥1,080)の3種類。自家製味噌と自家製みりん麹を使用し、砂糖は使用せず、原料にも旨みにもこだわった究極の逸品です。

手土産にもおすすめ「茅乃舎 だし玉」も販売

まるで和菓子のようなかわいらしい見た目の「茅乃舎 だし玉」は「あおさ柚子/黒ごま玉」(各¥432)、「とまと玉」(¥496)、「とうきび玉/きのこと蓮根/桜えび包」(各¥594)と種類も豊富。だし玉を耐熱カップに入れて水を注いでレンジで2分。簡単に美味しいスープが楽しめます。手土産や自分へのご褒美にも。


さまざまな麹食品を楽しめる茅乃舎の麹専門店「茅乃舎 麹蔵」。
麹パワーで美味しく健康的な生活習慣、はじめませんか。


茅乃舎 麹蔵 玉川髙島屋S・C店
住所:東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川髙島屋S・C 本館地下1階
営業時間:10:00~20:00
休日:玉川髙島屋S・Cに準ずる


発酵調味料で毎日手軽に発酵レシピ:しょうゆ麹編

発酵調味料で毎日手軽に発酵レシピ:塩麹編

茅乃舎×野田琺瑯 お味噌汁のための味噌ストッカー


edit & text : Liniere.jp
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

北欧から届いた暮らしのアイデア

特別価格:1030円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2021年10月20日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています