心と体のケア

心と体をあたためる“よもぎ温座パット”と過ごす季節
【PR】グラフィコ
心と体をあたためる“よもぎ温座パット”と過ごす季節
【PR】グラフィコ

Tags :

PROFILE kazumiさん

モデル。本誌をはじめファッション誌、ライフスタイル誌で活躍。ナチュラルなファッションやライフスタイルにも注目が集まり、インスタグラム(@kazumi0728)やYouTubeチャンネル「kazumi room」が人気。

いつでもあたたかな心と体でいるための、頼れるフェムケアアイテム

「以前韓国でよもぎ蒸しを体験して、気持ちよさに感動! 日本でもできないかと探したところ、このよもぎ温座パットに出合いました」と、kazumiさんは言います。ファッションモデルの仕事は、冬に真夏の服を着て撮影をすることも多数。重ね着しなくてもあたたかく過ごせるので、寒い季節の必需品になったそうです。
「貼るタイプのカイロは、熱くなりすぎて汗が出ることもありますよね。よもぎ温座パットは、どんなときも心地よいあたたかさ。1日の中で寒暖差があるときもおすすめです」。
仕事のときはもちろん、移動中や家の中でも、愛用しているのだそう。「湯たんぽと違って、家事をしたり動き回るときも快適に使えるところもお気に入りです。つけているときは手足の冷えもあまり感じず、気分もほっとしてリラックスできます。知らず知らずのうちに小さな不調を我慢してしまっている女性は多いと思うので、そんな人にもぜひ試してもらいたいですね」

what is YOMOGI MUSHI?
知りたい! よもぎ蒸しのこと

よもぎ蒸しとは、韓国で600年ほど前から産後の女性に行われている、よもぎなどの薬草を煎じて下半身を蒸す民間療法。近年はリラクゼーション法として、日本でも親しまれています。

kazumiさんおすすめ こんなときによもぎ温座パットの出番!

scene. 1 家でリラックスしたいとき

今日は1日リラックスして過ごしたい…… そんな日にももってこい。よもぎ蒸しによって骨盤まわりがあたたまって、ひだまりでくつろいでいるかのような気分に。冷えでこり固まった心と体がほぐれます。集中してテレワークをしたいときもぴったり。

 

Scene. 2 寒い日の朝
朝は凍える寒さ、電車の中やオフィスは暖房でのぼせてしまう……。そんな気温差が苦手な女性も多いはず。よもぎ温座パットは、心地よい温度を保ってくれるので、冷えるときはもちろん、のぼせやすい人でも熱くなりすぎず、いつでも快適に過ごせます。

Scene. 3 でもアクティブに過ごしたいとき
羽根付きでずれにくい薄型パットを使用しているので、服にも響きません。ポーチにコンパクトに収納できて、持ち歩いて寒くなったらつけるという使い方もおすすめ。旅行や買い物などでアクティブに過ごしたいシーンでも、自分らしくいられます。

ナチュラル派の人たちが心地よく使える理由

やさしいあたたかさが
トルマリンパウダー配合の専用発熱体が心地よい温度で発熱し、デリケートな部分に使用可能。あたたかさがほどよく伝わるよう設計された薄型パットの裏側に、専用発熱体を貼りつけることで、じんわりとやさしく体をあたためることができます。

こだわりのよもぎ
使用するのは契約農家で栽培された韓国・江華島産のよもぎ。海風と海からの霧にあたり育ったよもぎの、やわらかい葉を天日干し。ハッカ、ドクダミなどを加えたオリジナルのブレンドです。薄型パットからは、ふんわりとよもぎのやさしい香りが。

kazumiさんのよもぎ温座パットのここが好き!

    -ほどよい温度でじんわりあたたか
    -冷えがちな骨盤まわりを集中してあたためる
    -薄型パットでつけやすい

    -どこでもリラックスできる
    -寒自分らしくごせる

    Information

    優月美人よもぎ温座パット

    韓国のよもぎ蒸しから着想を得た、女性のためのナプキン型温熱パット。よもぎが配合された薄型パットと発熱体をセットで使用。下着とパットの間に専用発熱体を挟んで装着し、体をあたためます。6個入り¥1,037/優月美人(グラフィコ)

    [お問い合わせ先]グラフィコ カスタマーセンター
    tel: 0120-498-177(平日10時~16時)
    https://www.yomogi-bijin.jp

     

    よもぎ温座パットプレゼントキャンペーン ※12/5まで

    https://business.form-mailer.jp/lp/8be37a62156724

     

    グラフィコ公式インスタグラムはこちら
    https://www.instagram.com/graphico_fem_japan/

    photograph:IkueTakizawa
    styling:TOMISHIGE
    hair & make-up:Kaori Matsunaga
    model:kazumi
    text:EmaTanaka
    cooperation:TITLES

    写真1枚目:ドレスシャツ¥22,000、モヘアベスト¥25,000、パンツ ¥30,000/すべてエリテ(KMDファーム)、ピアス¥27,000、リング¥18,000/ともにモイル(モイル)

    ※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

    (リンネル 2022年1月号)

    web edit_リンネルjp, AMI FUJII[SAKURAS]

    Magazine
    リンネル最新号

    暮らしの道具大賞2021 使える&おしゃれな日常アイテムが揃いました!

    特別価格:990円(税込) / 表紙:杉咲 花 /
    2021年11月19日発売

    Follow Us

    リンネル公式SNSで
    最新情報を随時配信しています