北欧

フィンランド式サウナでととのう「サウナラボ神田」 フィンランド式サウナでととのう「サウナラボ神田」

Tags :

本格的なフィンランド式サウナが味わえるとして、サウナ好きから人気の高い「サウナラボ」。名古屋の1号店、福岡の2号店に続き、3号店となる東京・神田店が、この4月に待望のオープン! 早速体験に行ってきました。

90分間の時間制。手ぶらで気軽にサウナ

「サウナラボ」が入る神田ポートビルは、「ほぼ日」が運営するほぼ日の學校などが入る複合施設。その地下1階に、サウナラボはあります。90分間の時間制で6日前から予約ができ、料金内にサウナハット、ポンチョ、タオルが入っているので、手ぶらでサウナを楽しむことができます。

おしゃれな神田ポートビル
1階にある「キッチンサウナ」では、マッカラ(ソーセージ)やサーモンスープなどのフィンランドフードのほかに、気仙沼の「アンカーコーヒー」とコラボしたコーヒーも。サウナグッズの販売や、不定期でイベントやワークショップも開催しています。

フィンランド式サウナはサウナストーブに置かれ、熱せられた石(サウナストーン)に水をかけて蒸気“ロウリュ”によって体を温めます。日本の一般的なサウナに比べて温度が低いので、ゆっくり入ってリラックスすることができます。

女性のロッカールーム。ロッカー内にポンチョ、タオル、サウナハットが入っていて、洗面所にはメイク落とし、洗顔料も。

この「サウナラボ」では、70℃~80℃のサウナでセルフロウリュを楽しめるのが魅力。サウナは裸で入るのが基本ですが、ポンチョを着て入ることも可能。ポンチョ姿で、男女共有スペースにある「ヴィヒタマウンテン」でくつろぐこともできます。

サウナ後のクールダウンに使える、共有のスペース「ヴィヒタマウンテン」。

2つのサウナで芯から温まる

女性のサウナ内は「FOREST SAUNA」と「IKE SAUNA」の2種類あります。シャワーを浴びたら早速サウナへ。天井が低く、小さな「FOREST SAUNA」では座ってじっくり汗を流します。畳敷きで座禅を組める坐布があり、横になりながらでもサウナを堪能できる「IKE SAUNA」では、目を閉じてじっくり自分だけの時間を楽しみます。じんわり温まって汗をかき、気持ちよくて寝てしまいそうになるほど。

明るい「FOREST SAUNA」(左)。「IKE SAUNA」(右)は流れる水の音が、リラックス効果抜群。どちらもセルフロウリュで温度調節ができます。ミネラルウォーターも設置されているので、水分を補給しながら入れます。

たっぷり汗をかいたら、通常は水風呂に入ったり、外気に当たって外気浴をするのですが、ここでは代わりにマイナス25℃の冷気浴で、ゆっくりとクールダウンできる「ICE SAUNA」へ。温かいサウナとアイスサウナに入ることを何度も繰り返すことで、自律神経を整えます。

トナカイの毛皮が敷かれた、日本では珍しいアイスサウナ。1分ほどでゆっくりと冷えて、爽快感が得られます。

また外気浴の代わりに、一人だけで休憩ができるスペースも。ハーブを育てている畑があり、土の匂いがするこの空間は、まるでフィンランドの森の中にいるよう。

森のような空間で瞑想ができる、1人用の内気浴。

サウナのあとは、ワークスペースとしても使える「フォレストライブラリー」でくつろいだり、「サウナマーケット」で本格的なサウナグッズの買い物も楽しめます。

90分の制限時間が過ぎても、ゆったりとした時間を過ごせます。

都会の真ん中で、フィンランドのサウナを訪れたような時間を過ごせる「サウナラボ神田」。気軽に訪れて、身体と心をととのえてみてはいかがでしょう。


本格的なフィンランド式サウナを体験できる「サウナラボ神田」。短時間でしっかり汗をかき、日々の疲れを癒やしてくれます。


サウナラボ神田

東京都千代田区神田錦町3-9

11:00~21:00

不定休

水曜は男女入れ替え

料金:¥2,700(90分完全予約制)

 

edit & text:Mayumi Akagi Photo:ゆかい
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
最新号

ニューノーマルな夏のファッションスナップ2021

特別価格:980円(税込み) / 表紙:木村文乃 /
2021年7月19日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています