北欧

浜島直子さんの暮らしを豊かにしてくれる北欧アイテム 浜島直子さんの暮らしを豊かにしてくれる北欧アイテム

Tags :

寒さが厳しいゆえに、家での心地よい過ごし方を熟知しているのが北欧の人々。暮らし上手なみなさんは、洗練とあたたかみが同居する北欧雑貨や器を上手に取り入れて、豊かな時間を楽しんでいました。今回は浜島直子さんに長年愛用する北欧アイテムを見せてもらいました。

目次
浜島直子さんの暮らしを豊かにしてくれる北欧アイテム
  1. シンプル&使い勝手のよさが心地いい暮らしの原点に
  2. ITEM 01 約4年愛用中のオットマン
  3. ITEM 02 冬小物を入れている北欧製のバスケット
  4. ITEM 03 ノルウェーから持ち帰ったキャンドル
  5. ITEM 04 スウェーデンの白樺樹脂のかご
  6. NEW ITEM キャビネットも仲間入り!
  7. 教えてくれたのは……浜島直子さん

シンプル&使い勝手のよさが
心地いい暮らしの原点に

「パリのアンティークや素朴なアジア系も好きでしたが、整理して残ったものが北欧のプロダクトでした。そのシンプルさと使い勝手のよさが、ライフスタイルにマッチしていたみたいです」家族とも好みが合うそうで、「洗練されているけどとがりすぎていなくて、ふと目に入ったときにふわっとした気持ちになれるものが好き。今年購入したキャビネットも、旦那さんと夜な夜なネットで調べていましたが、これだ!って思うものが一致していたし、息子に『これにおもちゃも入れてお片付けしてみる?』と聞いたら賛成してくれて。落書きもせず、片付け上手になってくれました」

こまごましたものを、バスケットやキャビネットに入れるだけで、すっきり気持ちよく過ごせているというはまじさん。大人も子どもも心地よい空間作りに、“北欧”はなくてはならないキーワードのようです。

ITEM 01
約4年愛用中のオットマン

北欧ヴィンテージを取り扱うハルタが、ミナペルホネンのファブリックを使ってリメイクしたオットマン。「同じシリーズでグリーンも持っているのですが、どちらも茶系のインテリアに映えそうだなと思って。黄色のオットマンはベッドサイドにあって、読み終わった本を置いたり、愛犬のピピちゃんがベッドに登るときのステップ代わりにもなっています」

ITEM 02
冬小物を入れている北欧製のバスケット

「玄関先に置いているバスケットは、コーディネートの仕上げになる冬小物入れとして活躍中。以前使っていたフタ付きのものより出し入れがしやすいし、置いているだけで絵になるころんとしたフォルムが気に入っています」

昨年9月に、北欧雑貨のオンラインショップのスプーンフルで購入。「無造作に入れてもさまになるのがうれしいところ。大ざっぱな私にちょうどいいんです(笑)」

ITEM 03
ノルウェーから持ち帰ったキャンドル

「なに? このかわいい子は!?」と連れて帰ってきたのは、人気テレビ番組『世界・ふしぎ発見!』のロケで訪れたノルウェーで出合った、サンタクロースと星の木箱に入ったキャンドル。「クリスマスに飾るのが恒例になっているので、なかなか灯せずにいます」

ITEM 04
スウェーデンの白樺樹脂のかご

丸いバスケット同様、スプーンフルで見つけた白樺樹脂のかごは、作り手のあたたかみを感じてグッと心をつかまれたそう。「いつもニコニコ笑っているスウェーデン在住の80歳を超えるおじいさんが、せっせと編んでいるですって。穏やかな人柄が表れていますよね」

NEW ITEM
キャビネットも仲間入り!

数年前、家に迎えたのが、ヴィンテージ家具ショップのハイクで見つけたローボード。「これを見た瞬間、旦那さんと私に迷いはありませんでした。中に入っているものですか? 息子のミニカーと変身ベルトです(笑)」


教えてくれたのは……浜島直子さん

Profile
北海道出身。「はまじ」の愛称で知られ、モデルのほか、ラジオパーソナリティや番組でナビゲーターを務めるなど、多方面で活躍中。5歳の男の子のママ。Instagram:hamaji_0912


photograph:Shinnosuke Yoshimori(p.52-54) styling:Kana Sato hair & make-up:Miyuki Yoshioka text:Momoko Miyake web edit:Masako Serizawa
リンネル2019年12月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

一番大切にしたいこの気持ち。
“好き”をまとって暮らす幸せ

特別価格:1020円(税込) / 表紙:高畑充希 /
2022年1月19日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています