北欧

ストックホルムで花のある暮らし。テキスタイルデザイナー&フローリストのおうち時間 ストックホルムで花のある暮らし。テキスタイルデザイナー&フローリストのおうち時間

Tags :

スウェーデンのストックホルムに夫と娘2人と暮らす、テキスタイルデザイナー&フローリストのマリアさん。お気に入りのオブジェやお花、自然に囲まれて、心豊かに過ごす様子を見せていただきました。(2020年10月時点の取材情報です)

お話を伺った
マリア・ブラットベリ(ベリストレム)さん profile

テキスタイルデザイナー&フローリスト。暮らしに花が欠かせず、花のパターンデザインには特に定評がある。

湖の都ストックホルムで、花のある暮らし

フローリストの仕事もしているマリアさん。花と自然はテキスタイルデザイナーとして、インスピレーションの宝庫なのだとか。夏の終わりのブーケを作っているところです。

ストックホルムに夫のハンスさんと娘2人と暮らすマリアさん。湖の街と呼ばれる地区に暮らし、6階のフラットのバルコニーからは湖が望めます。

コロナ禍では家で過ごす時間が長くなり、室内のインテリアにこだわったり、ブーケを作ったり、いつもより凝った料理をしたりと、日常的なことによりフォーカスした暮らしになりました。

娘たちはケーキを焼くのが好きで、お誕生日にイチゴケーキを作りました。デコレーションは娘たちが好きなようにアレンジ。イチゴケーキはスウェーデンでも定番で、イチゴの美味しい季節に大人気です。

日常使いのものを入れるキッチンのキャビネットの上には、お気に入りのオブジェを飾ります。シンプルなデザインが好きで、気分によって置くものを変えています。
壁紙が濃い色合いなので、ソファや家具は白やライトグレイなどの明るいものを合わせます。クッションカバーはマリアさんのオリジナルブランドのデザインです。

コロナの影響で、春には仕事がリモートになったこともあり、スウェーデン西海岸の小さな半島にあるサマーハウスで多くの時間を過ごしました。ここはマリアさんが夫のハンスさんと初めて出会った思い出の場所です。

西海岸に面した庭ではガーデニングを楽しんでいます。フローリストでもあるマリアさんにとって暮らしに花は欠かせません。春先に庭にタネをまき、夏を経て花が育ってきました。咲いた花をブーケにしたり、フラワーアレンジメントを作ったりします。外に出かけることが少なくなった分、ガーデニングに集中することができ、いつもより花が育つ様子をゆったりと眺めることができました。


マリアさんがお気に入りの場所
「スウェーデン西海岸のランベリー半島」

春から夏にかけて西海岸にあるサマーハウスで過ごしました。自然を身近に感じられる大きな窓のある家には、ウッドフロアと白を基調にした温かみのあるインテリアで、新しいものと古いものをミックスした家具を選んでいます。

text:Yuka Yamamoto Bruselid web edit:Riho Abe
リンネル2020年12月号より
※写真・文章の無断転載はご遠慮ください

Tags :

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年11月号

旬を装う1か月 私の秋おしゃれ計画表

付録
nest Robe[ネストローブ]
牛革ワッペン付き
ポケット充実トートバッグ

特別価格:1,080円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2022年9月20日発売

VIEW MORE