暮らしのヒント

自分時間の作り方、楽しみ方、広げ方【vol.2 圷みほさん】 自分時間の作り方、楽しみ方、広げ方【vol.2 圷みほさん】

Tags :

家で過ごす時間が増えても、自分の好きなことをする時間を作ることって、なかなか難しいもの。そんななか、家事を工夫したり、時間の使い方を見直したりして、自分なりの楽しみや夢を広げている方にお話を伺いました。vol.2は、人気ショップ「acutti」主宰する圷みほさん。仕事や子育てのちょっとした合間に、肩の力を抜いてリラックスする時間を大切にする暮らしの様子を見せていただきました。

目次
圷みほさんの「自分時間の作り方、楽しみ方、広げ方」
  1. 自分時間の<作り方>
  2. 自分時間の<楽しみ方>
  3. 自分時間の<広げ方>
  4. 圷さんの「暮らしのルーティン」動画
  5. 圷みほさんprofile

アイデアをじっくり練るために、朝晩の時間を有効活用

コロナ禍で、これまでの自分時間が減ったという人も多いはず。圷みほさんもその一人。夫がリモートワークになり、さらに、娘さんの幼稚園の長期休暇が重なると、平日も家族3人が家で過ごす状況に。「ちょうど、実店舗を形にするためのアイデアを練りたい時期でした。家族の時間も大切ですが、考えごとをしては途切れることが気になって……」。

そこでこの春から始めたのが、早朝の一人散歩。緑あふれる近所やその先の公園までひと歩きしながら、まだ静かななか、考えに集中できる時間です。「その分、一日の終わりにする夫との会話では得るものが多くなりました」。

そして今年8月に実店舗は無事オープン。忙しい日々のなかで、自分や家族のペースを大切にしている圷さんの自分時間についてご紹介します。


自分時間の<作り方>

IDEA:
早朝の散歩

家族が起きる前の朝早くに、近所や公園を一人で歩くことが習慣化。頭がクリアな状態だからよいアイデアがたくさん浮かぶそう。

IDEA:
アイデアの記録で夢を形に

早朝散歩から帰宅後、メールチェックのときに、PCやノートにアイデアを言葉や絵にしてまとめ、考えたことを形に残します。


自分時間の<楽しみ方>

IDEA:
気づきを与えてくれる、夫婦で話すひととき

子どもが寝静まったら、カフェインレスの飲み物を片手に、夫婦でおしゃべり。「夫とは得意分野が違うので、話すと気づきが多いんです」。最近は、週2回は新店舗のミーティングにあてているそう。

IDEA:
無心になれるすき間時間で気分をリフレッシュ

木のカトラリーのメンテナンスは、くるみオイルをすり込み、ただ手を動かすのが好きだそう。

IDEA:
欠かさず常備しているお気に入りのお菓子

自分用に用意した、好きなカフェなどのお菓子を合間に味わうのも楽しみ。「気分のスイッチが切り替えられます」


自分時間の<広げ方>

IDEA:
自分の思いを新店舗という形に

娘のこれからの成長を考えて家の近所に、実店舗を8月にオープンしたばかり。Webショップと同じく、おいしいものや暮らしが楽しくなるものが並びます。「ママたちが楽しめる場にもしたいと思っています」


圷みほさんの「暮らしのルーティン」動画はこちら!


お話を伺ったのは…圷みほさん

PROFILE:
郊外の集合住宅をフルリノベーションし、お気に入りのかごや器、古道具に囲まれながら家族3人で暮らす。毎日の暮らしを少し楽しくする“衣・食・住”の Webショップ「acutti」主宰。著書に『かごと木箱と古道具と。日々をいろどる“もの”選び』(ワニブックス)。
Instagram:@mih0n

photograph:Yuta Seki text:Kaori Akiyama web edit:Liniere.jp
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

暮らしの道具大賞2021 使える&おしゃれな日常アイテムが揃いました!

特別価格:990円(税込) / 表紙:杉咲 花 /
2021年11月19日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています