暮らしのヒント

自分時間の作り方、楽しみ方、広げ方【vol.3 平 結さん】 自分時間の作り方、楽しみ方、広げ方【vol.3 平 結さん】

Tags :

家で過ごす時間が増えても、自分の好きなことをする時間を作ることって、なかなか難しいもの。そんななか、家事を工夫したり、時間の使い方を見直したりして、自分なりの楽しみや夢を広げている方にお話を伺いました。vol.3は、ジュエリーブランド「Ryui」を夫婦で主宰する平 結(たいら ゆい)さん。家事の時短を徹底し、できた時間で楽しんでいることを見せていただきました。

目次
平 結さんの「自分時間の作り方、楽しみ方、広げ方」
  1. 自分時間の<作り方>
  2. 自分時間の<楽しみ方>
  3. 自分時間の<広げ方>
  4. 平 結さん「暮らしのルーティン」動画
  5. 平 結さんprofile

家事の時短を徹底し、できた時間で“好き”を広げて

夫婦で営むジュエリーブランドで、デザインから経営まで手掛ける平さん。保育園に通う5歳と3歳の男の子の母でもあります。夫はアトリエで制作に没頭する毎日で、平日の育児や家事は、基本的に平さんの担当。

目まぐるしい日々ですが、昨年の夏、緑豊かな郊外に家を建てたことをきっかけに変化が起きました。洗濯や洗い物、掃除は、便利な家電を導入して時短を徹底。その分余裕ができ、好きな料理や子どもたちとの触れ合いに時間を充てられるように。

また、庭に作った畑や敷地内の裏山など、日常の延長で自然と触れ合える環境も、余裕を後押し。植物や昆虫が好きな平さんや子どもたちの心を満たし、畑で取れる野菜が食卓を豊かにし、仕事のインプットにもつなげられているといいます。また、仕事スペースを設けたことで、家で仕事をする態勢も整ったそう。おかげで、週1回、自宅で一人でデザインとじっくり向き合える、いい時間を作れているとのことです。

そんな平さんの暮らしの工夫を教えていただきましょう。


自分時間の<作り方>

IDEA:
片付けしやすい間取りの工夫

1Fの間取り

浴室と洗面所から、洗濯機・乾燥機の置き場、クローゼットを一直線上に設け、洗濯関連の家事をスムーズに。仕事場やパントリーなど、ゴチャつきがちな場所(図面の緑部)はリビングから隔てて、目に入らない工夫がされています。玄関近くにもクローゼットを配置し、出かける準備もラク。

IDEA:
副菜と汁物の作り置きで、忙しくても栄養たっぷり

休日に、さっと作れる副菜を5種類ほど作り置き。また、夕食作りのときに、翌朝と翌晩の分まで残る量の汁物をたっぷり作ります。これと副菜があれば、翌日は主菜1品作るだけ。

IDEA:
洗濯の動線の徹底と、ガス乾燥機の導入

ガス乾燥機を取り入れて外干しなし。洗濯機は、子どもでも入れやすい低い位置に設置している。洗ったら、すぐ横にある平さん念願のガス式乾燥機に。30~40分でカラリと乾き、仕上げた服を取り出して、上に設けた作業台へ。時間が空いたら、たたむ仕組み。

IDEA:
大容量の食洗機

1日に使った食器から鍋までまとめて入る、大容量サイズのミーレの食洗機を導入。夜に1回、汚れた五徳も入れてスイッチを入れるだけで、翌朝にはピカピカ。夜だと電気代も節約できるそう。


自分時間の<楽しみ方>

IDEA:
畑で自然に触れながら季節の移ろいを感じる

広い庭に畑を耕し、季節野菜や果物、ハーブを何種類も栽培。毎朝、穫れたての野菜を朝食に。休日は、子どもを遊ばせながら、無心で畑の手入れをして楽しみます。「育つ姿や季節の移ろいなど、小さな変化がうれしくて。家事の時短で時間が生まれたことで、穫れた野菜を子どもたちと料理する楽しみも増えました」


自分時間の<広げ方>

IDEA:
ほしいものがあれば、作ってみる選択肢を持つ

手を動かして作ることが好きな平さん。器やカトラリーなど、好みのものを何でも手作りする夫の影響で、これはと思うものが手に入らなければ、買わずに自分たちで作るように。たとえば、拾い集めた石(写真左)を型取り、真鍮でクローゼットのドアノブ(写真右)が完成。今後、製品化も考えているそう。

ソックスモンキー

また、子どもがすごく気に入ってはいていた靴下がサイズアウトしたとき、捨てないでと言われて、ソックスモンキーにリメイク。喜んで気に入ってくれているそう。

IDEA:
暮らしの中の自然がデザインのアイデアに

日々、自然に触れ合うことで得た感覚が、仕事のインプットにも。植物や昆虫など自然のものの質感や色、形などが、ジュエリーデザインのふとしたアイデアにつながります。iPadにスケッチしているのは、裏の森で見つけた植物からヒントを得て描かれたリング。


平 結さんの「暮らしのルーティン」動画はこちら


お話を伺ったのは…平 結(たいら ゆい)さん

PROFILE
パッケージデザイナーを経て、漆器制作をしていた夫の日向 龍さんとともに、ジュエリーブランド「Ryui」(リュイ)を2008年にスタート。東京・西荻窪に直営店を構える。
http://www.ryui.jp/

photograph:Yuta Seki text:Kaori Akiyama web edit:Liniere.jp
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

暮らしの道具大賞2021 使える&おしゃれな日常アイテムが揃いました!

特別価格:990円(税込) / 表紙:杉咲 花 /
2021年11月19日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています