インテリア

暮らしとともに変わる家 小澤さんちの未来設計〈連載第4回 part 2 カーサリンネル〉 暮らしとともに変わる家 小澤さんちの未来設計〈連載第4回 part 2 カーサリンネル〉

Tags :

家族が増えたり、年を重ねたり。シンプルかつ機能的な間取りで、その時々の家族の暮らしに合わせてカスタマイズできるカーサリンネル。前回、お気に入りの北欧雑貨を飾ってインテリアを楽しんでいると教えてくれた小澤家の未来計画とは……?

目次
弘幸さんお手製のカーサリンネル模型
  1. 1階:木の扉や漆喰の壁はお手入れしながら経年変化を楽しむ
  2. 1階:スペースに余裕のあるキッチンで大きくなった娘と一緒に料理を
  3. 2階:一室を収納棚で区切って、きょうだいが部屋を持てるように
  4. 2階:家族を見守り自分の時間も確保する階段上の書斎コーナー
  5. 庭:思い出のある庭のミモザから少しずつ家のグリーンを広げたい

弘幸さんお手製のカーサリンネル模型

暮らしの具体的なイメージを持てるようにと作った建築模型はプロ並みの出来栄え。家が完成するまでの間、依里さんとともに模型を覗きながら家具を置く場所や家事動線など、家族の理想を思い描いたそう。

1階:
木の扉や漆喰の壁はお手入れしながら経年変化を楽しむ

玄関や部屋の扉は木材、壁の塗装には漆喰を使用。ナチュラルな建材は定期的にお手入れが必要ですが、手をかけるほどに「我が家」の表情に育っていきます。「レザーを育てる感覚で、家も大切にしていきたいです」(弘幸さん)

1階:
スペースに余裕のあるキッチンで大きくなった娘と一緒に料理を

LDKには仕切りがなく、キッチンからリビング、ダイニングを見渡せます。「料理をしていると、リビングで遊んでいた娘が興味を持って手伝いたがることも。娘が成長して一緒にキッチンに立てる日が楽しみです」(依里さん)

2階:
収納棚で区切って、きょうだいがそれぞれの部屋を持てるように

1つの部屋に、なんと2つのドアが。「もう1人子どもがほしいので、将来は部屋の真ん中に背の高い収納棚を入れて、個室を作るつもりです」(弘幸さん)。部屋の使い方も子どもの成長に合わせて臨機応変に。

2階:
家族を見守り自分の時間も確保する階段上の書斎コーナー

階段の踊り場が広めなのも、カーサリンネルの特徴の1つ。小澤家ではここを弘幸さんの書斎に。「個室に籠るのとは違い、家族の様子もわかる距離感がちょうどいいです」(弘幸さん)

庭:
思い出のある庭のミモザから少しずつ家のグリーンを広げたい

庭に最初に植えたミモザの木。「結婚式でミモザをたくさん飾ったんです。毎年花が咲くたびに思い出せそう」(依里さん)。
今後はガーデニングに挑戦し、緑が溢れる家にする予定。


資料請求はコチラから!
カーサプロジェクトTOKYO OFFICE
tel. 03-5786-9340
カーサリンネル公式ホームページ


photograph : Hiroshi Hayashi text : Kozue Minoura

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

#カーサリンネルの連載記事はこちら!

大好きな北欧雑貨を飾る楽しみがある家〈連載第4回 part 1 カーサリンネル〉

身支度が整う土間〈連載第1回 カーサリンネル〉

インテリアが楽しい手入れのしやすいキッチン〈連載第2回 カーサリンネル〉

Magazine
リンネル最新号

暮らしの道具大賞2021 使える&おしゃれな日常アイテムが揃いました!

特別価格:990円(税込) / 表紙:杉咲 花 /
2021年11月19日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています