暮らしのヒント

webを上手に活用してごはん作りをラクに! 手塚千聡さんが実践する家事テクニック webを上手に活用してごはん作りをラクに! 手塚千聡さんが実践する家事テクニック

Tags :

「家事をやらなきゃ……」という思いが強いと、かえっておっくうになって後まわしになりがち。でも、生活スタイルに合った工夫で、家事はぐっと省力化できます。ライフオーガナイザーの手塚千聡さんは、webを上手に活用してご飯作りを効率的に。手塚さんのテクニックをここで伝授します。

目次
webを上手に活用してごはん作りをラクに! 手塚千聡さんが実践する家事テクニック
  1. 献立提案サイトを活用して時短調理を実現
  2. webを活用したご飯作りのテクニック
  3. 手塚流・3つのマイルール
  4. 教えてくれた 手塚千聡さん profile

献立提案サイトを活用して
時短調理を実現

1週間分の献立を提案してくれる、献立提案サイトを平日の料理作りに活用している手塚千聡さん。

「平日5日分の献立を事前にチェックできるので、必要な材料をネットスーパーで一括購入し、週末のうちに下ごしらえを完了しておく。これだけでかなりの時短に繋がります」。

さらに、献立提案サイトを使うようになってからこんなうれしい副作用も。「webに下準備や調理方法が細かく記載されているので、夫も手伝いがしやすいみたい。家事をサポートしてくれることが増えて大助かりです」


webを活用したご飯作りのテクニック

<STEP 1>
献立提案サイトに
献立を決めてもらう

毎週木曜の午後に翌週5日間分の献立がアップ。「食材リスト」に、献立に必要な材料が掲載されているので、自宅の在庫と照らし合わせつつ購入する食材を確認しておきます。

2人分のレシピの「ワンプレート献立」や「作り置きおかず」など、献立のジャンルも多彩。料理家や管理栄養士がメニューを監修しているため、味や栄養面も申し分なし!

<STEP 2>
週末に下ごしらえする

週末にネットスーパーで食材をまとめて購入。届いたら「休日下準備」ページの手順に従って下ごしらえを一気に行います。「野菜を先にカットしておくだけでも時短に繋がりますよ」。完成後は献立ごとに小分けにして、冷蔵&冷凍保存。

冷蔵庫はラベル管理して
家族もサポートしやすい体制に
冷蔵庫の中はケースで仕切り、ラベリングで中身をわかりやすく。「わが家は夫が朝食を作るため、どこに何があるか、使っていい食材はどれかがひと目でわかるようにしています」

<STEP 3>
献立提案サイトの
レシピどおりに調理

帰宅後、夕食の準備を。すでに下ごしらえを終えているため、当日は煮るだけ、焼くだけ、和えるだけと、ほぼ1アクションで完成!「野菜を切るところから始めるのはおっくうだけど、これなら手軽。調理時間が大幅に短縮できます」

コンロ横にiPadをセット
献立提案サイトで手順を見ながら調理しやすいように、コンロ横の壁にiPadを貼り付け。「必要なときに片手でサッと操作できるので、料理作りがさらにスムーズになりました」

<完成!>

調理開始からわずか15分ほどでメインと副菜が完成。この日は鶏肉とキノコのクリーム煮とエビとブロッコリーのヨーグルトサラダ。献立は日替わりで和洋中、さまざまなジャンルが登場。


手塚流・3つのマイルール

<ルール1>
家事のハードルを下げる

「最初のハードルは低めに設定するのがおすすめ。たとえば、下ごしらえが週末のうちに終わらなければ、平日の朝に少しずつ取り戻したり、冷ややっこに変更したり。何事も完璧をめざしすぎると、その分挫折しやすいもの。少しずつこなしていくほうが、長く続けられる気がします」

<ルール2>
帰宅後15分以内で作れる料理にする

「おなかをすかせた子どもたちにすぐ料理を食べさせられるように、夕食の調理時間は15分程度と決めています。週末のうちに5日分の献立を決め、買い物、下ごしらえをすませておくことでかなりの時短に。平日の調理は仕上げをする程度なので負担も少ない。すぐに家族で食卓を囲めます」

<ルール3>
ときには臨機応変に
メニューを変える

「子どもがまだ小さいため、骨の多い魚を使った料理のときはお刺し身に変更、汁ものの提案のない日はプラスするなど、臨機応変に対応しているそう。事前に献立がチェックできるので、アレンジも考えやすいし、食材もまとめて購入するのでロスはなし。献立提案サイトならではの時短術です」


教えてくれた
手塚千聡さんprofile

広告代理店で働く傍らライフオーガナイザーとしてLaLaDUALを主宰。忙しいワーキングマザーのための暮らしと収納の仕組みを提案する。
https://laladual.themedia.jp

photograph:Jun Fujiwara,Hiroshi Matsui,Noriko Yoshimura text:Ema Tanaka,Azusa Shimokawa,Rie Suzuki web edit:Riho Abe
リンネル2018年2月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

一番大切にしたいこの気持ち。
“好き”をまとって暮らす幸せ

特別価格:1020円(税込) / 表紙:高畑充希 /
2022年1月19日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています