LIFESTYLE

いつも元気なみなさんの、1日を気持ちよく終える夜の過ごし方 いつも元気なみなさんの、1日を気持ちよく終える夜の過ごし方

Tags :

日が暮れるのもすっかり早くなり、自分を見つめる時間が増える冬の夜。普段、明るい時刻にはなかなかできない自分ケアを取り入れるみなさんに、夜の上手な過ごし方を伺いました。今回は4人のナイトルーティンを紹介します。

目次
いつも元気なみなさんの、1日を気持ちよく終える夜の過ごし方
  1. ふたつの木・林 愛さんにとっての夜は……
    マッサージでしっかり自愛する時間
  2. ライター・仁田ときこさんにとっての夜は……
    自分のために文章を書く時間
  3. ダンスコPR・荒井博子さんにとっての夜は……
    暖炉の炎をゆっくりと眺める時間
  4. スタイリスト・山口香穂さんにとっての夜は……
    コーヒーを飲みながら物語に浸る時間

ふたつの木・林 愛さんにとっての夜は……
マッサージでしっかり自愛する時間

ふたつの木・林 愛さん

自分を褒めることで他人にもやさしく

「比較的早い時間にPCやスマホの電源を切り、湯船に浸かるようにしています。そこで頭や顔、腕、足など、全身に触れて“今日もがんばったね。お疲れさま”と声をかけることが習慣。こわばっていた体がゆっくりほぐれていきます。また、セルフマッサージを行うことで考えすぎてパンパンになった頭も楽になります」。

親指の先(イラスト参照)を用いて、こめかみの上から後頭部にかけてガシガシとマッサージ。頭の緊張がほぐれる。

力を抜いて手を机に置き、逆の手でのこぎりで切るようにほぐす。背中をゆるめることができ、肺に空気が入りやすくなる。


ライター・仁田ときこさんにとっての夜は……
自分のために文章を書く時間

仁田ときこ

人に見せない文章で心の整理整頓

「仕事柄、人に読んでもらうための原稿を日々書いているので、誰にも見せることのない自分のための文章が無性に書きたくなります。その日あったこと、気づいたこと、とりとめのない文章を綴るだけで気持ちがスッキリ。この日記は小学生の頃から続けている習慣なので、私にとってなくてはならないデトックスタイム」。

ダンスコPR・荒井博子さんにとっての夜は……
暖炉の炎をゆっくりと眺める時間

ダンスコPR・荒井博子さん

自分の本当の気持ちを再確認する

「週末、軽井沢の山小屋で暖炉の炎を眺める夜を過ごします。ここにいるだけで自然を肌で感じることができます。忙しいと自分の気持ちがわからなくなったり、無駄に気を使うこともありますが、自然の一員だということを再確認することで、本来の自分が見えてくるように思います」。パチパチと炎が燃える音もリラックス効果に。

スタイリスト・山口香穂さんにとっての夜は……
コーヒーを飲みながら物語に浸る時間

スタイリスト・山口香穂さん

仕事から解放される就寝前のセレモニー

「酸味があるコーヒーは苦手なのですが、アアルトのアルヴァーブレンドは苦味とコクがあって大好き。夜のカフェインってあまりよくないんでしょうけど、好きな映画やドラマを見ながらおいしいコーヒーを飲んでグタッとするのが必要なんです(笑)。私にとっては仕事とプライベートが切り替わる大切な飲み物で、逆にぐっすり眠れます」。

illustration:Moe Itaba text:Tokiko Nitta web edit:Masako Serizawa
※写真・文章の無断転載はご遠慮ください
リンネル2020年2月号より

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年9月号

おしゃれさんの夏のMY定番スナップ

特別付録
miffy[ミッフィー]
刺しゅうがかわいい保冷ビッグトート

特別価格:1080円(税込) / 表紙:浜島直子 /
2022年7月20日発売
※一部の地域では発売日が異なります

VIEW MORE