北欧

陶の花々が壁を彩る フィンランドの作家マリアンネ・フオタリの作品展 陶の花々が壁を彩る フィンランドの作家マリアンネ・フオタリの作品展

Tags :

ヨーロッパを中心とした生活雑貨などを扱う、東京・青山のショップ「doinel(ドワネル)」で、フィンランド・ヘルシンキを拠点に活動するアーティスト、マリアンネ・フオタリの作品展“Kukkatori”が5月11日(火)まで開催中です。

枯れることなく無限に咲き誇る陶の花々

Photo: Hanna Kaketti

フィンランドで活躍する若手アーティストとして、注目されているマリアンネ・フオタリ。今回開催される陶の壁掛け作品展のテーマ“Kukkatori(クッカトリ)”は、フィンランド語で「フラワーマーケット」という意味。枯れることなく無限に咲く花々によって、観る人々を魅了したいという、マリアンネの想いから生まれた、花々を表現した陶作品“Ceramic Flowers”が壁を彩ります。

時間と手間をかけて紡がれる繊細な美しさ

Photo: Anna Autio

彫刻的な存在感とともに、テキスタイルのような親しみやすさを持ち合わせる陶の花“Ceramic Flowers”。 一枚一枚手作業で形作った小さな陶のパーツを重ね合わせ、絶妙な色彩に焼き上げられています。
あえて指紋を残して作られる花弁のディテールからは繊細さが感じられ、壁の上で立体的に咲く陶の花は、可憐ながらも美しい存在感を放ちます。

Photo: Anna Autio

マリアンネ・フオタリ

フィンランド・ヘルシンキを拠点に活動するセラミック/テキスタイルアーティスト。ヘルシンキの由緒ある「Arabia Art Department Society」に所属。並外れた細部へのこだわりと絶妙な色彩センスが特徴で、その活動は多彩なアートやデザイン作品の制作にとどまらず、フィンランドのテキスタイルブランド「Finarte」のアートディレクターとして、日常使いのためのテキスタイルデザインも手がけている。

マリアンネ・フオタリHP
Instagram


離れて見ても近くから見ても楽しめる陶の花々“Ceramic Flowers”。日本のインテリアにも取り入れやすい柔らかな色使いと、マットからツヤまで繊細な幅を持った質感も魅力です。空間にやさしく寄り添い、彩りを添えてくれる作品をぜひ間近で鑑賞してみて。


マリアンネ・フオタリ作品展 “Kukkatori

Marianne Huotari Exhibition 2021 at doinel

会場:doinel(ドワネル) 東京都港区北青山3-2-9

TEL03-3470-5007

会期:429日(木・祝)〜511日(火) 12:0019:00 水曜定休

販売作品:壁掛け作品“Ceramic Flowers” ※税込 ¥82,500

edit & text : Liniere.jp
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

Magazine
リンネル最新号

北欧から届いた暮らしのアイデア

特別価格:1030円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2021年10月20日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています