北欧

フェールラーベンのアイコンリュックKankenがサステナブル素材にアップデート フェールラーベンのアイコンリュックKankenがサステナブル素材にアップデート

Tags :

スウェーデン発のアウトドアブランド、FJALLRAVEN(フェールラーベン)のアイコンリュックKanken(カンケン)。そのKankenに化石燃料由来の素材に代わる樹木由来のオリジナル素材「Pine Weave(パインウィーブ)」を使用した新作Tree-Kanken(ツリーカンケン)が登場しました。

実用性、機能性、自然環境も重視しているKanken

フェールラーベンの代表的なリュックKankenは、スウェーデンの子どもたちが抱えていた通学時の背中の痛みを和らげるために開発され1978年に誕生。タイムレスなデザインと耐久性で、何十年も愛され続け、子どもから大人まで世界中にファンを広げています。近年は、常時40色以上が展開され、タウンユースからアウトドアまで、ファッションアイテムとしても人気の高いデイパックです。

また、生地に無駄が出ないよう計算されたデザインや、燃焼時に一酸化炭素の排出が少ない生地を使用するなど、製造の段階で生じる環境汚染物質の排出にも配慮。環境保護意識の高いスウェーデンでも高い評価を受けています。

新作は樹木が原料の新しいオリジナル素材を採用

フェールラーベンでは、高い耐久性と機能性を備えたタイムレスな製品を、より持続可能な方法で生産する取り組みを続けています。その取り組みの一環として、化石燃料由来の素材に代わる樹木由来の素材「Pine Weave」を使用したTree-Kankenが発売されました。

フェールラーベンが開発した独自素材の「Pine Weave」は、フィラメントファイバーを使用したことによる、高い強度と機能性が特徴。原料には、北スウェーデンにあるフェールラーベンのホームタウンÖrnsköldsvik(エルンシェルツヴィク)にほど近い認証を受けた森林の樹木が多く使われています。

カラーはCharcoal Grey、Maple Yellow、Lichen Green、New Moon Blueの4色展開。落ち着いたナチュラルな色味が魅力です。

Tree-Kanken[H38×W27×D13cm] 各¥18,700

シンプルながら多彩な使い方ができるところもポイント

Tree-Kankenは、1978年に作られた最初のKankenのデザインがベース。通常のKankenとは異なり、フロントポケットがなく、持ち手のストラップはフロントの下部まで続いています。

フロントのストラップにはループがあり、自転車の鍵を挟んだり、自転車のライトを取り付けることができます。バッグの底部分にあるストラップは、ヨガマットやアウターなどを丸めて固定することも可能。地図やガイドブックなどを収納しやすいスライドポケットも便利です。


1978年に作られた最初のKankenに敬意を表し誕生したTree-Kanken。シンプルながらも使い勝手がよく、自然環境に配慮した素材のリュックは、サステナブルライフを始めるのにもぴったりなアイテムです。



おふろcafé utataneでフィンランド旅行「Fly me to Finland」開催

北欧流の豊かな眠りを! 「NORDIC SLEEP」が初の直営店をオープン


edit & text : Mina Ota
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

暮らしとおしゃれ秋のTO DO LIST

特別価格:890円(税込) / 表紙:黒木華 /
2021年9月18日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています