FASHION

パトリックから「森」と「海」に着眼したサステナブルなスニーカーが登場 パトリックから「森」と「海」に着眼したサステナブルなスニーカーが登場

Tags :

創業130年の歴史を誇るフランス生まれのシューズメーカー、パトリック(PATRICK)。カラフルなスポーツシューズを中心に、自由で心地のよい靴を提案し続けているパトリックから、リサイクル素材を使用したスニーカーが登場。「森」と「海」に着目して作られた、気になる2モデルをご紹介します。

サステナブルなシューズを通して自然との共存を考える

パトリックが日本に上陸して44年。日本製にこだわり、姫路の工場で靴職人が一足一足丁寧に作るシューズは、フランスならではのエスプリの利いたデザインと日本のものづくりの高い技術力が融合されています。

そんなものづくりにこだわるパトリックがサステナブルとして注目したのが、日本の「森」と「海」の関係。
森と海は繋がっていて、森の環境は海に影響するという自然の関係性に向き合い、その自然と共に暮らす「森の民=木こり」「海の民=漁師」といっしょに表現したのが、今回のサステナブルなシューズです。

model 01:MORINOKUTSU(モリノクツ)

カラフルな色使いで存在感たっぷりの「MORINOKUTSU」は、熊本県の「小国町森林組合」とのコラボレーションによるもの。「小国町森林組合」は、江戸時代から受け継がれている小国杉を使った商品やまちづくりを発信しています。
そんな小国町の小さな山間集落にあるバックミンスター・フラーの思想を受け継いだ木造フラードームの建物がシューズのデザインソース。その建物からインスパイアされ、森のカモフラ柄に落とし込まれています。

MORINOKUTSU 各¥18,700
サイズ展開:35〜45(22.5〜28cm) カラー:SD(サンド)、GY(グレー)

POINT
グレーは森の「空気」をイメージしたモデル。リサイクルしたポリエステルをアッパー素材に用い、ニットアッパーに仕上げることで、履き心地も◎。スリッポンタイプで履きやすさも抜群。

model 02:UMINOKUTSU(ウミノクツ)

三陸と福島の水産業のリーダーたちからなる「フィッシャーマンズ・リーグ」との取り組みによって完成さしたモデル「UMINOKUTSU」。「フィッシャーマンズ・リーグ」が問題提起する海洋プラスチックゴミの廃棄魚網を原料の一部にしたリサイクルナイロンを使用。
素材やカラーなど、実際に漁師さんの意見を取り入れデザインされています。

UMINOKUTSU 各¥19,800
サイズ展開:35〜45(22.5〜28cm) カラー:BLK(ブラック)、BGE(ベージュ)

POINT
アッパー素材のナイロンには撥水機能が備えられているところもうれしい。それぞれのモデルのシュータンには「小国町森林組合」「フィッシャーマンズ・リーグ」のロゴネームがついているところもポイント。

エコな素材を厳選して使用し、環境配慮を意識したパトリックのサステナブルなスニーカー。どちらのモデルも軽量性・クッション性に優れたソールを採用し履き心地も抜群。履きやすくデイリーに活躍してくれそうです。


カメイ・プロアクト TEL03-6450-1515

■パトリック公式サイト


edit & text : Mina Ota
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年7月号

初夏から夏へ! 季節のはざまの軽やかな装い

特別付録
MOOMIN[ムーミン]
ポケットにしまえて絵柄が変わる!
リトルミイ大型ボストン

特別価格:1040円(税込) / 表紙:麻生久美子 /
2022年5月19日発売

VIEW MORE