FASHION

おしゃれな人こそ夏も重ねる! 今年らしさを引き出す「夏の重ね着」テクニック4例 おしゃれな人こそ夏も重ねる! 今年らしさを引き出す「夏の重ね着」テクニック4例

この記事の画像一覧を見る

重ねてしか出せないおしゃれのニュアンスを楽しめる「夏の重ね着」。カジュアルになりすぎたくない日にも、重ねることで違う印象をトッピングしましょう。アイテムの組み合わせで素敵に見せる、おすすめスタイルをご紹介します。

目次
おしゃれな人こそ夏も重ねる! 今年らしさを引き出す「夏の重ね着」テクニック4例
  1. [STYLE #01] リネンのシースルー×ノースリーブ
  2. [STYLE #02] ノースリーブ×キャミワンピ×開襟シャツ
  3. [STYLE #03] スカート×デニム
  4. [STYLE #04] サマーニット×白Tシャツ

[STYLE #01]
リネンのシースルー×ノースリーブ

大人の透け感おしゃれは素材にこだわるのが正解

トップス¥16,500 /マノン(エムケースクエア)、中に着たタンクトップ¥3,520/コンジェ ペイエ アデュー トリステス(コンジェ ペイエ アデュー トリステス)、パンツ¥17,600/ジョンブル(ジョンブル カスタマーセンター)、麦わら帽子¥26,400/石田製帽(イシダセイボウ)

麻素材のナチュラルな透け感で健康的に。肩フリルのタンクをちょっと主張させて、インに仕込むものにこそこだわりを。


[STYLE #02]
ノースリーブ×キャミワンピ×開襟シャツ

異素材ミックスでどこか知的な奥行き感

シャツ¥29,700 /ネストローブ(ネストローブ 表参道店)、ワンピース¥26,400、中に着たタンクトップ¥9,680/ともにアデュー トリステス(アデュー トリステス)、シューズ¥13,200/マリー・ルイーズ(ラヤン)、ソックス/スタイリスト私物

一枚だとリラックス感が強いとろみのあるワンピースは、ボーダーやシャツなど異素材を重ねて表情をプラス。旬のシースルースタイルをナチュラルに。


[STYLE #03]
スカート×デニム

白の1・2コーデにデニムでカジュアルなバランスに

Tシャツ¥6,820/ロワズィール(ロワズィール)、スカート¥30,800/ナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ)、デニムパンツ¥9,350/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン)、メガネ¥29,700/アイヴァン(アイヴァン 東京ギャラリー)、ネックレス¥30,800/シンパシーソウルスタイル(フラッパーズ)、バッグ¥28,600/ムーニュ(岩久)、サンダル¥990/ギャップ(ギャップ)

定番の白スカートもデニムに重ねればこなれた装いに。白の縦ラインですっきり見せも。


[STYLE #04]
サマーニット×白Tシャツ

首もとと裾のちら見せでのっぺりせずこなれる

トップス¥25,300、中に着たTシャツ¥9,680 /ともにスローン(スローン)、パンツ¥24,200/ナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ)、バッグ¥16,500/タイドウェイ(タイドウェイ原宿店)

一枚だとコンサバめな雰囲気に、白 Tを重ねることでカジュアル感とこなれ感をプラスできます。

こちらもチェック!

photograph:Matsuki Kousuke styling:Saori Kitagawa hair & make-up:Yoko Yoshikawa model:Nico Ando text:Miho Arima web edit:Riho Abe
リンネル2023年9月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

この記事の画像一覧

この記事の画像一覧を見る

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年8月号

これさえあれば!
夏おしゃれPick Upリスト

付録
DOD[ ディーオーディー ]
吊り下げられる!
着脱可能なケース付き
トラベル&アウトドアポーチ

特別価格:1,360円(税込) / 表紙:高畑充希 /
2024年6月20日(木)発売

VIEW MORE