日々の食卓

素敵な一年に。新年を祝うお菓子ガレット・デ・ロア【レシピ·星谷菜々さん】 素敵な一年に。新年を祝うお菓子ガレット・デ・ロア【レシピ·星谷菜々さん】

Tags :

旬のフルーツやイベントを楽しみながら味わえるお菓子を料理家・星谷菜々さんにうかがいました。今回はアーモンドの香ばしい香りが魅力。フランスの伝統お菓子「ガレット・デ・ロア」を教えてもらいました。

目次
素敵な一年に。新年を祝うお菓子ガレット・デ・ロア【レシピ·星谷菜々さん】
  1. 「ガレット・デ・ロア」のレシピ
  2. このレシピを教えてくれたのは 星谷菜々さん

「ガレット・デ・ロア」のレシピ

新年を祝うフランスのお菓子。フェーブ(陶器の人形)を引き当てた人は、幸せな1年を過ごすといわれています。

●材 料(直径18cmのホール1台分 )
〈アーモンド生地〉
バター(食塩不使用)… 50g
塩 …ひとつまみ
きび砂糖 …40g
卵 …1個
アーモンドパウダー …50g
アマレット(またはブランデー) …小さじ1

18×18cmの冷凍パイシート …2枚
卵黄(仕上げ用) …適量
フェーブ(陶器の人形) …1つ

※ フェーブ(陶器の人形)はもともと乾燥したソラマメを使っていたことが名前の由来。代わりにローストしたアーモンドを1粒入れても。

●作り方
1.〈アーモンド生地〉を作る。ボウルに室温に戻したバター、塩、きび砂糖を入れてゴムベラでなじませる。なめらかになったら泡立て器に替えて、白っぽくなるまですり混ぜる。

2.溶いた卵を少しずつ加え、ふわりとしたクリーム状になるまでよく混ぜる。

3.アーモンドパウダーとアマレットを加え、ゴムベラでなめらかになるまで混ぜる。

4.冷凍パイシート2枚を常温に10分ほど出し、それぞれを直径18cmに丸く切り取る。

5.クッキングシートにパイシート1枚をのせ、外側2cmに水少々で溶いた卵黄を刷毛で塗る。その内側にアーモンド生地を平らに敷き詰め、フェーブを端に埋める。

6.もう1枚のパイシートをかぶせ、端一周を人差し指で押さえてくぼみをつけながらくっつける。さらに包丁の背で側面に切り込みを入れる。

7.表面に5.の卵黄を刷毛で塗り、冷蔵庫で30分休ませる。

8.オーブンを200度に予熱する。生地の真ん中に空気穴をあけ、さらに渦を描くように包丁で模様を描く。

9.200度に予熱したオーブンで30分、さらに180度に下げて20分こんがりと焼く。

このレシピを教えてくれたのは

料理研究家・星谷菜々さん
apron room主宰。都内アトリエにてお菓子教室を中心に、焼き菓子やエプロンの販売、イベントを行っている。
JSA認定のワインエキスパートの資格を持ち、お酒とスイーツのマリアージュにも定評がある。著書に『BAKE 焼き菓子の基本』(成美堂出版)、『フルーツスイーツダイアリー』(グラフィック社)など。

星谷菜々さんのレシピ一覧はこちら

リンネル.jpのその他のレシピ一覧はこちら


photograph: Nao Shimizu cooking & styling: Nana Hoshiya flower styling: Noriko Okamoto text: Hanae Kudo web edit & text : Liniere.jp
リンネル2019年1月号より
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

一番大切にしたいこの気持ち。
“好き”をまとって暮らす幸せ

特別価格:1020円(税込) / 表紙:高畑充希 /
2022年1月19日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています