インテリア

気持ちを整える花とグリーン:malta店主 布山 瞳さん 気持ちを整える花とグリーン:malta店主 布山 瞳さん

Tags :

色とりどりの華やかさがポジティブな気持ちをくれる季節の生花。育てる喜びをくれるインドアグリーン。癒やしと元気をもたらし、初夏のインテリアにもうれしい植物とのつき合い方のコツ。今回はmalta店主の布山瞳さんにお話を伺いました。

Profile

東京・世田谷の緑豊かな環境にある花と緑のアトリエ「malta」店主。ブーケ、ギフト、ディスプレイ、ブライダルなど,花のあるライフスタイルを提案。

セオリーにとらわれない、新しい花の楽しみ方

生花店を営み、植物を使ったディスプレイにも携わる布山さんの自宅にう かがうと、一風変わった花や木の飾り方に目を奪われます。「店で残った花も持って帰って飾るので、いつも家は花でいっぱいなんです」布山さんのスタイルともいえるのは、ナチュラルな雰囲気のなかにも、はっとするような強い印象の花を加えたり、そんなに?というほど大きく枝ものを飾ったりと、自由な遊び心があること。ドライフラワーを額装する、ガラス瓶に絵を描いてオリジナルの花器を作るなど、真似したい素敵なアイデアがいっぱいです。

お店で買ったお花に、庭の野草を組み合わせる

庭に生えている野草、雑草といわれるものでも形をよく見ると、生命力があって可憐なものがたくさん。布山さんはカモミールやはごろもジャスミン、ゼラニウムなど庭に生えている植物を摘んで、フラワーショップの花と合わせるとか。そうすると、2〜3種類の花材で活けるより、華やかさと可憐さがいいバランスになるそうです。

絵画のように花を楽しむ

ダイニングの壁を飾るのは、maltaの人気商品でもある、ドライフラワーを額装したもの。「パンジー、ニゲラ、ポピーなどを押し花にしています」。まるで植物図鑑の挿し絵のよう。2枚のアクリル板を木枠とゴムで留めた構造なので、軽くて割れる心配もなし。「額だけでも販売しているので、お子さんと一緒に押し花を作ってみても楽しいと思いますよ」Moebeというデンマークのブランド。

水に浮かべたハーブをキッチンサイドに

常にキッチンカウンターとダイニングテーブルの上に花を置くようにしている布山さん。特別な花は必要なく、プランターで育てているタイムやミントといった香りのいいハーブに、くるんとしたツルの形がアクセントになるテッセンやはごろもジャスミンを、ガラスの器に浮かべてディスプレイ。花器がなくても、普段使いの深さのあるガラスボウルや器でも素敵に。

木のようにそびえ立つ大きな切り枝

ばさっと花器に挿すだけでさまになる、立派な枝ぶりのドウダンツツジをダイニングの一角に。長めにカットしたものを選び、さらに台の上にのせて木のようにそびえ立たせています。「枝ものなら観葉植物が置けない暗めの場所にも飾れます」欲しい品種やサイズがあれば、 フラワーショップに事前に買いつけの相談をしても◎。

photograph:Keiko Ichihara  text:Tomoko Yanagisawa web edit:Liniere.jp
※写真・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

暮らしとおしゃれ秋のTO DO LIST

特別価格:890円(税込) / 表紙:黒木華 /
2021年9月18日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています