LIFESTYLE

使い勝手もデザインもこだわる! 文具通の目利きさんが愛用する手帳とふでばこ 使い勝手もデザインもこだわる! 文具通の目利きさんが愛用する手帳とふでばこ

文具,文房具,目利き,手帳,ふでばこ
Tags :

文具好きの目利きさんたちは、普段どんなスタイルで文具を持ち歩いて使っているの? そんな疑問に応えるべく、とっておきの文具を見せてもらいました。使いやすさにもデザイン性にもこだわった、目利きさんならではの愛用品を早速チェック!

目次
使い勝手もデザインもこだわる! 文具通の目利きさんが愛用する手帳とふでばこ
  1. 【recommender #001】
    「ハイモジモジ」代表 松岡厚志さん
  2. 【recommender #002】
    イラストレーター よしいちひろさん
  3. 【recommender #003】
    文筆家 甲斐みのりさん
  4. 【recommender #004】
    文具ライター やまぐちまきこさん
  5. 【recommender #005】
    文具プランナー 福島槙子さん

【recommender #001】
「ハイモジモジ」代表 松岡厚志さん

人前で使うものだからモノトーンで統一し、見栄えも重視

「ペンケースは使わずに、このWORKER’S BOXに入れて持ち歩きます」と、松岡さん。
A4サイズの紙製ボックスを開くと、中にはノートやコピー用紙、筆記具が。
これ、そもそも散らかりがちな書類を企画ごとにまとめて放りこめるよう、松岡さんの会社で開発したもの。2.2cmの薄さで丈夫な紙でできており、このまま棚に並べたときも、見た目が美しく作られています。ボックス本体も、ノートやペンも、黒やグレーのモノトーンで統一。
「人前で使うものなので、少しこだわってみました。手帳もデジタルより、手書きの方が頭に入る気がして、〈仕事計画〉のマンスリーを使っています」

【MY FAVORITE STATIONERY】
(机の上のダイアリー)
brand:ラコニック
item:「仕事計画」 A4マンスリー・リフィル

(手に持っているペン)
brand:STÁLOGY
item:エディターズシリーズ4ファンクションズペン

brand:ハイモジモジ
item:WORKER’S BOX
「仕事の書類や分類ほか、家の中の必要書類やトリセツの整理にも使えます」
A4サイズ10冊 ¥3,999(9/20現在)/ハイモジモジ
brand:NEUE GRAY
item:プレノート
「本を作るときの束見本のようなシンプルなノート。白とライトグレーの間の絶妙な色で、筆記時にノイズレスなのも集中できます」
\このペンもご愛用!/
brand:パイロット
item:フリクション ポイントノック04
手帳に書くときは、消えるボールペンで。
「マンスリーに細かく書き込んでいるので、0.38でも0.5でもなく、0.4mmがしっくりきます」
一度の打ち合わせで終わるものはコピー用紙に、進捗を記したいものはプレノートに記入。
WORKER’S BOXは5冊ずつケースに入れられるので、すっきり収納。

「ハイモジモジ」代表 松岡厚志さん

PROFILE

2010年にハジモジモジを創業、PCのキーボードの隙間に立てるメモ「Deng On」はロングヒットに。オリジナルの文具の雑貨を企画、開発。


【recommender #002】
イラストレーター よしいちひろさん

旅のおともになるウィッシュノートとスケジュール帳

ヴィンテージ家具好きのよしいさんは、文房具も洗練と温もりが同居するデザインや使いやすさにこだわったラインナップ。
「デジタルも便利ですが、私は書いて記憶するほうが好き。ノート類のカバーには、ステッカーを貼っているので、使い終わる頃には唯一無二の一冊に」
デスクを拝見すると、かわいいペン立てが。
「カップラーメンの容器です(笑)。海外で見つけたもので、文房具も旅行先で出合うことが多いかも。手帳とノートを持ち歩いて描き込んでいるから、道具というよりは旅の思い出が詰まったもの、という感覚です」

【MY FAVORITE STATIONERY】
(右手に持っているノート)
brand:モレスキン
item:「クラシック ノートブック」 無地

(左手に持っている手帳)
brand:D-BROS
item:CREATOR’S DIARY

ほしいもの&買ったものを描き続けている“貪欲帳”と名付けたモレスキンのノート。現在8冊目。
文具,文房具,目利き,手帳,ふでばこ
6〜7年使っているペンケースは、ベルギーのチョコブランド『ドゥバイヨル』の箱。
14年も使い続けているのが、長期の仕事内容が把握しやすい『CREATOR’S DIARY』のもの。
「1年間のスケジュールが蛇腹式で1枚になっているので、仕事の逆算がしやすいです」

イラストレーター よしいちひろさん

PROFILE

女性の憧れや日常をみずみずしいタッチで描く作風で、雑誌や広告などで活躍。自身が所属するディレクションユニット「witch tai to」からこの秋オリジナルのスカーフをリリース。


【recommender #003】
文筆家 甲斐みのりさん

[甲斐みのりさんの手帳]
マイブック ―2023年の記録―(新潮社)
「大貫卓也さんの普遍的なデザインで、20年愛用中。1日1ページずつ書き込めるところも便利」
¥440(新潮文庫)

文筆家 甲斐みのりさん

PROFILE

旅や散歩、お菓子、建築、雑貨や暮らしなどを題材に書籍や雑誌に執筆。


【recommender #004】
文具ライター やまぐちまきこさん

[やまぐちまきこさんの手帳とふでばこ]

hibino(ミドリ)
「見開き2ページで1日分の内容がたっぷりと書き込める新フォーマット。1冊でさまざまな使い方ができます」
各¥4,950(ミドリ)
ペン&ツールポーチ(ミドリ)
「軽くて中身が見やすいメッシュ素材。小物収納用のポケット付き」 
右から マチ付き 水色、グレー 各¥968(ともにミドリ)

文具ライター やまぐちまきこさん

PROFILE

文具サイト「フムフムハック」編集長。「NIKKEI STYLE」で連載中。


【recommender #005】
文具プランナー 福島槙子さん

[福島槙子さんの手帳まわり]
himekuri(ケープランニング)
「システム手帳の日付に貼ってます。毎日違う柄なので、めくるたびに楽しい」
各¥2,200(ケープランニング)

文具プランナー 福島槙子さん

PROFILE

ウェブマガジン「otegami」編集長。商品開発も多数手がける。


photograph:Yoshimi text:Ema Tanaka,Momoko Miyake web edit:Mina Ota
リンネル2022年11月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Tags :

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2023年1月号

家事達人に選び抜かれた逸品たち!
暮らしの道具大賞2022

付録
Traditional Weatherwear
[トラディショナル ウェザーウェア]
もこもこかわいい
2wayボアバッグ

特別価格:1,100円(税込) / 表紙:奈緒 /
2022年11月18日(金)発売

VIEW MORE