暮らしのヒント

私が新習慣にしたいこと:エッセイスト 柳沢小実さんの場合 私が新習慣にしたいこと:エッセイスト 柳沢小実さんの場合

Tags :

新しい生活スタイルも定着したこの春。今までやりたいと思っていたことや、改めて発見した心と体によい習慣などを、思い切ってはじめてみませんか? 今回はエッセイストの柳沢小実さんに、新習慣にしたいことを伺いました。

柳沢小実さんが新習慣にしたいこと


1.籐のかごを編む

もともと通っていた籐編みの教室は、現在はお休み中。
「家で空き時間を見つけては、夢中で編んでいます。
かご編みで余った材料で、バングルなどのアクセサリーを編んだり。
いつか蓋椀や茶杯を入れられるかごを編んでみたいです」

2.お花のサブスクを活用する

フラワーアレンジメントを習う代わりに、
お花の定額制アプリ「ハナノヒ」を使って、花を生ける練習を。
「月額3987円で、月に6回、1回1300円分まで
好きな切り花を選べるプランを利用しています。
自分のタイミングで取りに行けて、すごくお得です」

3. noteやインスタライブで発信をする

週2回を目標にnoteで文章を書きはじめたほか、定期的にインスタライブも。
「インスタライブはみんなで作る場だと考えて、ゆるくおしゃべり。
聞いてくれる方とのつながりの糸が太くなった気がします」

4.経済新聞で世界の情勢を知る

経済新聞を取っていて、それを読むのが日課。
「アジアに興味があるので、そこだけ拾い読み程度ですが、
自分を守るために、知っておきたい。
見ないふりするより、少しわかってくると、安心できます」

5.写真を改めて習う

学生時代に写真を学んでいた柳沢さん。
最近、動画に強いカメラとシューティンググリップを購入して勉強中。
「映像を撮られる仕事が増えているので、自分で撮れるようになりたいです」

6.スロージョグで軽い運動をする

運動不足解消、体力作りのために、歩くくらいのペースでゆっくり走るスロージョグをはじめたそう。
「ウェアを着て、ふたつ隣の駅の花屋に片道だけ走って行ったりしています」

profile
柳沢小実(やなぎさわ・このみ)さん
エッセイスト、整理収納アドバイザー。衣食住、収納、旅にまつわる著書多数。近著に『おうち時間の作り方』(だいわ文庫)。
Instagram「@tokyo_taipei
note「https://note.com/yanagisawakonomi


photograph: Yumi Furuya text: Mayumi Akagi web edit: L
iniere.jp
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

Magazine
リンネル最新号

北欧から届いた暮らしのアイデア

特別価格:1030円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2021年10月20日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています