LIFESTYLE

Vlog「hibi hibi」asakoさんの毎日のルーティンと時間の管理 Vlog「hibi hibi」asakoさんの毎日のルーティンと時間の管理

hibihibi asako Vlog 暮らし
Tags :

明日をもっと楽しく、より気分よく過ごせるように、今日、蒔いている「たね」とは? 人気 Vloggerのasakoさんに、自分らしく暮らしを楽しむためのヒントを伺いました。今回は毎日のルーティンと時間の管理のお話。

目次
Vlog「hibi hibi」asakoさんの毎日のルーティンと時間の管理
  1. お話を伺ったのは……デザイナー・Vlogger asakoさん
  2. 毎日のルーティン
  3. asakoさんのTime schedule
  4. じっくり自分に向き合って
    “自分が主役”の暮らしに

お話を伺ったのは……デザイナー・Vlogger asakoさん

夫と白猫のシロ・クロと、金沢の郊外に暮らす。「hibi hibi」名で、暮らしの動画をYouTubeで発信。著書に『明日へのたね蒔き』(主婦の友社)。https://www.youtube.com/c/hibihibi


毎日のルーティン

一日にフラグをいくつも立てながら、やるべきことを同じようにくり返す。毎日の仕組みで、自分がラクに。

7:30

朝の掃除は、動線を考え抜き、毎日同じ順番で同じ掃除をすることで、苦にならず、自然と体が動くように。掃き掃除の道具はもっぱら、ほうきとちりとり。「手軽にきれいにできるのがいいところ」

9:30

hibihibi asako Vlog 暮らし

家事から仕事へスイッチする時間。同じデスクの右側にasakoさん、左側に夫が座り、デスクワークを。「この時間までにひと通りの家事を終えている状態なので、焦りもなく、仕事に集中できます」

22:30

“ながら”掃除も取り入れて、自然と汚れを次の日に持ち越さないように。歯磨き後の掃除には、無印良品の「タイル目地ブラシ」がボウルのカーブにぴたりと合い、水切れもよいので愛用中。

asakoさんのTime schedule

●7:00 起床
気分よく目覚めるため、洗面所で髪をブラッシング。前日のタオルを洗面所とキッチン、トイレで回収し、ついでに拭きます。

●7:30 洗濯、寝室掃除、掃き掃除

洗濯機を回し、寝室をクリーナーでコロコロし、布団乾燥機を。隣の洗面所→キッチン→リビング→仕事場の順に掃き掃除します。
トイレ掃除、玄関掃除、デスク掃除

続いて、トイレを掃除し、玄関の土間も掃き、仕事部屋のライトやパソコンまわりをハンディモップで拭いて小ぼうきで掃きます。

●8:00 朝食
asakoさんの家事と同時進行で、夫が朝食作りを担当。季節の具材で作るトーストやホットサンドに、紅茶かコーヒーを。

●8:30 洗濯もの干し、キッチン掃除、拭き掃除

もの干しスタンドに干す。ガスレンジを拭いて、ふきんを漂白。仕事部屋から玄関まで無駄のない動線で、フロアワイパーをかけます。

●9:30 仕事

夫婦並んで、デザインの仕事を。集中力が途切れるのを防ぐため、昼食はとらずにそのまま仕事を進めることも多い。

●17:00 夕食準備

仕事時間からオフへとスイッチ。遅くとも19時までには晩酌を始められるように、つまみなどを準備する。作り置きも活躍。

●18:00 夕食

夫婦そろって、晩酌を。好みの酒蔵などで見つけた日本酒に、旬の食材で作ったつまみを合わせて。シメには必ずコーヒーを。

●22:00 洗濯ものたたみ

一日の締めくくりの家事。ダイニングテーブルの上で、入浴までにたたみ終わるように、無心で手を動かし、きちんとたたみます。

●22:30 入浴、浴室掃除、洗面台掃除

入浴のついでに、流れで浴槽と床の掃除を。歯磨きを済ませたら、洗面所のボウルを磨いて、タオルで洗面台の水けを拭きます。

●23:30 就寝

よく眠れるように、ゆるい靴下をはき、足元を温めながら。スマホやタブレットは持ち込まず、ゆったりとした気分で寝ます。

 


じっくり自分に向き合って
“自分が主役”の暮らしに

以前から、暮らしのことへの興味が強かったasakoさん。結婚後、やりたいこと、ほしいものにあふれる毎日で、結局何をしたいのか、自分自身が見えない日々が続いたそうです。

そんな状態が見過ごせなくなって、大幅に暮らしを見直すことにしたのが、3〜4年前のこと。「家じゅうを大掃除し、不要なものを手放して量を減らし、収納の仕組みも使いやすいように見直してみたら、快適に暮らせるようになったんです」

自分の暮らしと向き合うことも楽しくなって、取り組んだのが家事のルーティン化。「私の場合、やるべきことを残すと、仕事中にそわそわしてしまいがち。朝に集中して家事を済ませるべきと考えて、模索した結果、毎日同じ流れをくり返して、体に染み込ませる方法が合いました」

自分で時間割を設けることで、家事や仕事がうまく回るだけでなく、他にもうれしい変化が。「オンオフの切り替えができるようになり、好きなことを楽しめる余地ができたんです。やり残しがない、すっきりした状態で、夜に体と心を緩めることができるので、次の日も気持ちよく迎えられます」

時計をあちこちに置いて時間確認

時計好きなasakoさん。目につくところに、あちこち置いて。「自宅で仕事もしているので、だらけないように。テンポよく進めて、やるべきことが片付くと、気持ちもラクになります」

寝室の赤の目覚ましは、BRUNOのもの。
ダイニングのリキクロックは、食事時間の確認に。
hibihibi asako Vlog 暮らし

キッチンには、無印良品の時計を。秒針付きで、キッチンタイマーの代わりに。

収納の工夫

木箱を手直しして、収納に。机まわりの道具入れは、板をつけて2段にし、電卓を取り出しやすく。
目線より高い位置の、ちらかりがちな保存容器の棚に、容器の幅に合わせて木のレールを。

photograph:Eri Miyama text:Kaori Akiyama web edit:Masako Serizawa

※写真・文章の無断転載はご遠慮ください
リンネル2021年6月号より

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年8月号

暮らしにおしゃれにアウトドアがある日常

特別付録
DOD[ディーオーディー]
ランチトート&小銭も入るパスケース

特別価格:1080円(税込) / 表紙:杏 /
2022年6月20日発売

VIEW MORE