暮らしのヒント

模様替えしてできたくつろげる居場所:チェルシー舞花さん 模様替えしてできたくつろげる居場所:チェルシー舞花さん

Tags :

家で過ごす時間がたっぷりあったなかで、居心地よくするために何かを始めたり、ものを減らしたり、暮らしに向き合った人は多かったはず。素敵なあの人たちはどう工夫しているのでしょう。今回はチェルシー舞花さんのお宅に伺いました。

実験のように試す場所、落ち着ける場所。自分のご機嫌をとれる場所を試行錯誤しながら見つけ出しました。

Profile

1989年生まれ。モデル活動を行う傍ら、自身で撮影した写真集を発行するなどフォトグラファーとしての一面も。ほかにハンドメイドや旅、民藝、読書など多趣味。 @chelseamaika

深呼吸できる場所を意識的につくっています

趣のある古い家具、ぎっしりと並んだ本、カメラの数々、どこかファニーな民藝品。チェルシー舞花さんのリビングダイニングは、彼女の好奇心を物語っているかのようにワクワクするものたちがそこかしこに存在しています。そして、ふと舞花さんに目をやると、キッチンでお茶をいれたり、ものを整えたり常に手を動かしています。「ずーっと作業をしちゃうクセがあるんです。いろんなことを詰め込んでしまうので、最近は深呼吸できる時間をつくろうと心がけています。香木の香りをかぐときは、すーっと、息を吸って⋯⋯とか。ステイホームの最中は特に家の中でゆっくりできる場所を増やそうと画策していました。この空間だけにずっといるから整えたくなっていろいろと模様替えした結果、偶然この読書スペースができたのは収穫! ここで1時間、根をおろしてゆっくりしようというときに休憩できる部屋の隅は秘密基地のよう。模様替えが好きなのですが、しばらくはこのスぺースをキープしたいと思います」

秘密基地のような読書スぺースで
読書に浸る、内なる時間

ステイホーム中に模様替えして寝室にあった本棚をリビングに持ってきたところ、ロッキングチェアと、テーブルワゴンで偶然にできた隅っこの読書スペース。「秘密基地みたいで、これは発明だ!と(笑)満喫しています」

アウトドアチェアで過ごす
気分転換の時間

旦那さんとのキャンプ用に購入したコールマンのインフィニティチェアを室内でも。「折 りたためるので、家の中の好きな場所へ持ち運んでキャンプ気分を味わいます。最近は窓辺がベストスポット。風が抜けて気持ちがいい」

キッチンカウンターで
さまざまなお茶を試飲する時間

ステイホーム中、中国茶や、ハーブティー、チャイなどお茶好きに輪をかけていろんな種類を試していたそう。キッチンで料理本をめくりながら、献立の作戦を練るのも好きな時間。「キッチンは実験室みたいな感覚」

香木とこぎん刺しに向き合い、
静かに深呼吸する時間

最近見つけた趣味。香木(左の写真)は夜の10分、じっくり香りに向き合い深呼吸を。青森の民藝・こぎん刺し(右の写真)は「ホームセンターで買ってきた蚊帳と刺しゅう糸だけでできます。淡々とした作業が好きなんです」

photograph : Aya Sunahara edit & text:Nao Yoshida web edit:Liniere.jp
※写真・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

暮らしとおしゃれ秋のTO DO LIST

特別価格:890円(税込) / 表紙:黒木華 /
2021年9月18日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています