暮らしのヒント

マキさんの「汚れをためない仕組み」で水回りの掃除をラクに マキさんの「汚れをためない仕組み」で水回りの掃除をラクに

Tags :

掃除は、ためればためるほど取り掛かるのが大変。そんなお悩みを解消してくれるテクニックをマキさんに伺いました。

コップはマグネットで浮かせる

歯みがきコップはマグネットのつくホーロー製に。「コップを浮かせて収納できるよう、棚の下にマグネットを貼り付けています」。ハンドソープも「TOWER」のホルダーで浮かせて、洗面ボウルに何もない状態にすれば、掃除もぐんとラクになります。

シャンプーや掃除グッズも浮かせて収納

シャンプー類はマグネットで壁面につく「TOWER」のラックへ。「掃除グッズも100円ショップのマグネットフックで壁につければ、汚れやぬめりもたまりません」

排水口はティッシュで軽く汚れを取っておく

お風呂上がりに排水口の髪の毛やぬめりをティッシュで取り除いておきます。「3日に1回くらいの頻度でやっておけば、ブラシでこする必要もありません」

マキさんのYouTubeはこちらから!


マキさんのシンプルな暮らしのルーティン動画はこちら

Vlog【暮らしのルーティン】マキさんのシンプルで豊かに暮らせる、がんばらなくてもいい仕組み作り

「心地よい暮らし研究会」と、暮らしが整う家道具、つくりました。

photograph:Keiko Ichihara text:Hanae Kudo web edit:Liniere.jp
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

北欧から届いた暮らしのアイデア

特別価格:1030円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2021年10月20日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています