HEALTH

つるの剛士さん、バービーさん、潮田玲子さんが登壇! 「Hello Femtechアワード2022」イベントレポートをお届け つるの剛士さん、バービーさん、潮田玲子さんが登壇! 「Hello Femtechアワード2022」イベントレポートをお届け

Tags :

フェムテック・フェムケアプロジェクト「もっと話そう!Hello Femtech(ハローフェムテック)」を展開する宝島社が、2022年12月12日、日本経済新聞社 イベント・企画ユニットと共催で「Hello Femtechアワード2022」を開催。有識者による講演や受賞者のトークショーなど、さまざまな角度からフェムテックについて意識を高め、知識を深める場となったイベントの様子を一部ご紹介します。

目次
「Hello Femtechアワード2022」イベントレポート
  1. 「Hello Femtech(ハローフェムテック)」とは?
  2. 「女性の働き方」についての講演やパネルディスカッション
  3. 「Hello Femtechアワード2022」受賞者の発表
  4. つるのさん、バービーさん、潮田さんによるトークショー
  5. 協賛ブースやお土産で実際に製品を体験

「Hello Femtech(ハローフェムテック)」とは?

宝島社の男女13誌合同による、フェムテック啓発プロジェクト「もっと話そう! Hello Femtech(ハローフェムテック)」。フェムテックの認知向上を通して、すべての女性が自由で生きやすい社会を目指すため、2021年12月からスタートした活動です。

「女性の働き方」についての講演やパネルディスカッション

プレゼンターとして、コロナ禍を機に自宅で手軽にできるPCR検査や抗原検査キットの販売を始めたICheck株式会社の代表 金子賢一氏らが登壇。「ICheckのFemtechへの取り組みー乳がん検診 新時代―」など、フェムテックの企業事例として興味深いお話が伺えました。

そのほか、オンライン検診を行うクリニックフォアの山田光泰氏(産婦人科専門医)、株式会社コジマ 総務人事本部人事部 女性活躍・ウェルネス推進室の大野幸恵氏と野口弥生氏、SPRiNG編集長の丸山摩紗の4人が行う「福利厚生の新トレンド『オンラインピル処方』で変わる働き方」についてのトークショーなど、フェムテックを取り巻く医療や仕事環境について語るプレゼンテーションも行われました。

トークショーでは、実際に小売業などで立ち仕事に従事する女性たちの生理時の悩みなどにも言及。

「ピルを入り口として使い始めることによって、個人の健康意識につながります。さらに企業としては(女性が働きやすくなることから)コストパフォーマンス向上、国としては医療費の軽減、寿命の延長などにもつながると考えています」と山田氏。

「Hello Femtechアワード2022」受賞者の発表

今年1年、フェムテックに貢献した企業や著名人による、送られる「Hello Femtechアワード2022」。サービス部門では、花王株式会社の職場のトイレにナプキンを常備する取り組み『職場のロリエ』が受賞。プレゼンターは我らがリンネルの西山編集長!

続くプロダクト部門では、夫婦ふたりで始める「ふたり妊活」を掲げるロート製薬株式会社の『ドゥーテスト』が受賞。さらに著名人部門では、5人の子をもつ“イクメン”で有名なつるの剛士さん、著書『本音の置き場所』のほかYouTubeやSNSを通して女性の性や健康について発信をしているバービーさん、2021年6月に女子アスリートの女性特有の体の変化の課題に向き合いサポートすることを目的として『Woman's ways(ウーマンズウェイズ)』を立ち上げた潮田玲子さんの3名が選ばれました。

左から花王 株式会社 サニタリー事業部 シニアマーケター 石川雄一さん(「職場のロリエ」)、つるの剛士さん、バービーさん、潮田玲子さん、ロート製薬株式会社 広報・CSV推進部PRグループ 宮下侑子さん(「ドゥーテスト」)。

著名人部門では、つるのさんの「妻の話をちゃんと聞いていてよかった」のコメントに会場がほっこり。続いてきらびやかなドレスをまとって登場したバービーさん。「今日はジェニファー・ロペスの格好を意識して来ました。彼女くらい主体性をもって、これからも(性について)発信していきたい」のコメントに、会場からは温かい反応が。潮田さんは「賞をもらうためにやっているわけではないですが、こういった機会は今後の活動の励みになります」とコメント。

つるのさん、バービーさん、潮田さんによるトークショー

受賞式の後には、つるのさん、バービーさん、潮田さんによるトークショーを実施。パートナー間での性についてのコミュニケーションの大切さや、性教育に対する思い、ご家庭でどんな性教育を行っているかなど、三者三様の思いや取り組みを語り合いました。

たとえば男性の理解が難しい女性の生理について。「パートナーには全て自分から打ち明けるタイプ」と話すバービーさんに対して、「なかなか自分からは話さないので、できれば察してほしい」と返す潮田さん。異なる視点から語られるコミュニケーションの取り方について、「僕としては、もちろん察する努力はするけれど、女性特有のことなので、言ってもらえた方が嬉しい」とつるのさんが述べるなど、トークは大盛り上がり。
女性・男性としてだけでなく、個人としてパートナーや周囲の人と快適な関係を築いていくにはどう行動するべきか、楽しみながら考えさせられるトークでした。

協賛ブースやお土産で実際に製品を体験

会場入り口に設置された協賛ブースでは、旭化成ファーマ株式会社の『骨検(ほねけん)』、株式会社アドバンスト・メディカル・ケアの『エストール』、株式会社ハナミスイの『インクリア』を紹介。実際に試せる製品もいくつかあり、楽しみながらフェムテック・アイテムを体験できる場となりました。

足を止めて製品に関心を示す来場者たち。ブースでは製品やサービスに関しての説明が丁寧に行われていました。
さらにお土産として、生理後のしつこい残りの経血をすっきりジェル洗浄できる『インクリア』(株式会社ハナミスイ)、エストール(株式会社アドバンスト・メディカル・ケア)の『インナージェル』、『骨検』に関するリーフレット(旭化成ファーマ株式会社)なども配布。

ひとりひとりの意識改革が社会を変えていくきっかけになることを改めて実感した今回のイベント。今よりもっと女性が自由に、羽ばたける社会を目指して。リンネルは2023年も、情報を発信していきます!

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Tags :

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2023年3月号

春だから、おしゃれ心にときめきを。

付録
MOOMIN[ムーミン]
大人かわいい! 万年筆、
ペンケース、ひとこと便箋セット

特別価格:1,180円(税込) / 表紙:上白石萌音 /
2023年1月20日(金)発売

VIEW MORE