LIFESTYLE

衣替え時期必見! 冬ものの上手なお手入れでカビや伸び縮み対策を 衣替え時期必見! 冬ものの上手なお手入れでカビや伸び縮み対策を

洗濯,衣替え,クリーニング,冬もの
Tags :

気温や湿度が上昇する季節は、服にカビなどが現れる危険が高まります。そこで、洗濯ソムリエの松延友記さんに、冬もののアイテム別に自宅でできる洗い方などのお手入れ方法を伺いました。カビの原因は残っている汚れなので、きれいに洗うことが一番。クリーニングに出したものは、ビニールカバーを外して通気性のよい袋に変えるなど、保管場所や湿気防止も大切です。

目次
衣替え時期必見! 冬ものの上手なお手入れでカビや伸び縮み対策を
  1. ダウンジャケットの洗濯方法
  2. ニットの洗い方&干し方
  3. ウールジャケットのお手入れ方法
  4. 教えてくれたのは……松延友記さん

ダウンジャケットの洗濯方法

手洗い不可のマークが多いですが、表地がナイロンなら、洗っても大丈夫。羽毛がつぶれたり、ズレたりしないように乾燥時に注意して。

❶ 裾、袖、衿まわりはぬるま湯で濡らしたあと、固形石鹸をこすりつけ、もみ込むようにして洗います。
❷ ぬるま湯に中性洗剤を溶かして、やさしく押し洗いします。中のダウンまで、しっかり浸透するように押しつけて。
❸ よくすすいだら、ネットに入れて短時間の脱水を。干すときは、中のダウンがズレないように形を整え、陰干しに。
POINT
仕上げに乾燥機に入れれば、まるで新品みたいにふっくら
乾燥機に低温コースがあれば、10分程度かけただけでも、羽毛が新品みたいにふんわり。熱に弱いので、かけすぎには注意して。

ニットの洗い方&干し方

カシミアなどの高価な素材や装飾が多いものはクリーニングが無難ですが、普段着は自宅で洗ってみては。干すときののびには注意を。

❶ ぬるま湯に中性洗剤を溶かして、押し洗いをします。汚れが気になる場合は、少し漬けおきをしてもOK。
❷ よくすすいでから、もう一度水をはり、柔軟剤を少量入れます。ごわつきを防ぎ、毛玉などの予防にもなります。
❸ 洗濯ネットに入れ洗濯機で脱水。干すときは、のびないように平干しに。ハンガーの上に渡すように干してもOK。
POINT
ピンチハンガーの上に置けば省スペースでOK
形状によっては、ピンチハンガーの上のスペースに広げて干すことも◎。洗濯カゴなど、大きめのカゴの上に広げても乾きます。

ウールジャケットのお手入れ方法

ウールは、衣替えのときの保管方法の見直しを。しまう前には、ほこりを落としてくれる、ドライクリーニングに出すのがおすすめ。

❶ アウターは、玄関にブラシを置いておき、毎回かけると、ほこりが取れてツヤも出て、クリーニングを減らせます。
❷ 保管するときは、薄いハンガーではなく、木製など肩部分が厚いハンガーを使います。型くずれを防ぎましょう。
❸ ビニールカバーは蒸れてカビが生えるもとに。通気性がよくほこりを防いでくれる、不織布のカバーに変えて。
POINT
首元、手元は濡れたタオルでたたいてオフ
クリーニングに出せないときは、首元、手元だけ濡れたタオルでたたくなどすると、皮脂汚れがある程度防げます。

教えてくれたのは……松延友記さん

PROFILE
ベルリン発のランドリー「フレディ レック・ウォッシュサロン トーキョー」をプロデュース。洗濯ソムリエの資格を持ち、その知識を活かして、洗濯のアドバイザーとしても活躍。

photograph:Yumi Furuya,Mari Yoshioka,Asako Hoshi text:Ema Tanaka illustration:Shinko Uematsu web edit:Mina Ota
リンネル2019年7月号より
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年8月号

暮らしにおしゃれにアウトドアがある日常

特別付録
DOD[ディーオーディー]
ランチトート&小銭も入るパスケース

特別価格:1080円(税込) / 表紙:杏 /
2022年6月20日発売

VIEW MORE