LIFESTYLE

衣替えの季節に知りたい! 服を長持ちさせる“しまい洗い” 。洗濯ブラザーズに聞く洗濯法 衣替えの季節に知りたい! 服を長持ちさせる“しまい洗い” 。洗濯ブラザーズに聞く洗濯法

Tags :

大切に着たいシーズンごとの服を、お手入れしてからしまう、それが“しまい洗い”。クリーニングではなく、家で洗う“しまい洗い”こそ、冬物はきれいになります。今回は洗濯のプロである洗濯ブラザーズに正しい洗濯法と干し方を教えていただきました。

目次
衣替えの季節に知りたい! 服を長持ちさせる“しまい洗い”
  1. 冬物衣類も家で洗える! クリーニングに持って行く前にチェック。
  2. <基本の洗濯>普段洗いのやり方
  3. 教えてくれた 洗濯ブラザーズ profile

冬物衣類も家で洗える! クリーニングに持って行く前にチェック。

ウール、カシミア、アンゴラ、ダウン……。クリーニングに出して衣替えと思いがちですが、実は9割の洗濯物が家で洗えます。「ドライクリーニングは石油系の溶剤を使う服の生地を傷めない洗い方です。でも、実は汗の汚れやにおいなどはドライクリーニングではなく、水洗いでしか落ちないのです。特殊な生地以外は、家庭で水洗いしましょう」と、洗濯ブラザーズの茂木さん。ニットやダウンなどをすべてクリーニングに出していると、コストもかかります。形崩れが気になるコート・ジャケットなどを除いては、家で洗ってOK。

家で洗ってはいけないのは、縮んだり、硬くなったりする水に弱い素材、シワやプリーツの、加工を再現しにくいものなどです。


<基本の洗濯>普段洗いのやり方

洗濯機の使い方や手洗いのしかたにもコツがあり、 日常の洗濯でも汚れ落ちや衣類の傷み方が変わります。ちゃんとしまい洗いするためには、 まずは普段の洗濯環境を整えることから。 洗濯機の使い方も見直しましょう。

普段洗いできるもの
日常使いする服や、一般的な下着・肌着、タオルなどは、洗濯機を使い、汚れを落とすはたらきが強い、弱アルカリ性の洗剤で洗います。 形崩れさせたくないもの、からみやすいものは、洗濯ネットに入れます。

STEP 1:準備

◆洗濯物は通気性のいいカゴに

洗濯物を洗うまで洗濯機に入れておくのは NG。においのもとになる雑菌が、洗濯槽の中で繁殖してしまいます。 通気性のよいメッシュなどの洗濯カゴに入れましょう。

◆汚れが気になる場所に“プレウォッシュ”

プレウォッシュとは、繊維の奥に残っている皮脂汚れを浮かせるためのプロセス。手作りしたプレウォッシュ液を汚れの部分にスプレーして使います。洗濯機や手洗いの本洗いのときに、汚れが落ちます。

弱アルカリ性洗剤の「プレウォッシュ液」の作り方
弱アルカリ性の液体洗剤と水を1:1で混ぜて、スプレー式のボトルなどに入れておきます。

1.プレウォッシュ液を、衿、袖など汚れがつきやすいところに3〜4回スプレーします。

2.スプレーした部分を洗濯ブラシでトントンとたたき 、汚れを浮かせます。10分ほど置いてから洗濯機に入れます。

◆普段洗いには弱アルカリ性の液体洗剤がおすすめ

油性の汚れにも強く、洗浄力の高いのが弱アルカリ性の洗剤。肌着や下着など汚れがつきやすいものや普段着は、弱アルカリ性の液体洗剤で洗うといいでしょう。

また、生乾き臭などの原因は、洗濯槽の奥に潜むモラクセラ菌。秋冬は3か月に1回、春夏には月に1回は洗濯槽の洗浄を行いましょう。


STEP 2:本洗い

洗濯機も、全自動コースにお任せでは、充分な力を発揮できません。 ポイントは、衣類を入れるタイミングと設定時間です。洗濯機の賢い使い方をマスターしましょう。

◆汚れは「洗い」ではなく「すすぎ」で落ちる

洗い、すすぎ、脱水のうち、汚れが落ちるのは実は洗いではなくすすぎのプロセスです。洗剤の界面活性剤で浮いた汚れが、すすぎの水の力で引きはがされるのです。

◆洗濯機の水量は多めが正解

洗いやすすぎで水が不足していると、離れた汚れがまた繊維に戻ることが。日本の洗濯機は節水に対応しているので、水量は基本設定より1段上げるか、常に満水状態で。

◆全自動→マニュアル設定で洗濯レベルがアップ

洗濯機はマニュアルモードを活用。ドラム式なら洗いを長めの20分、すすぎは水量が多めで2回、脱水は短めの3〜5分の設定にすると汚れ落ちとシワ対策が完璧に。脱水時間を短くするだけで、シワ予防になり、生地の傷みも少なくなります。タオルのパイルが抜けてごわごわになるのも防止。

そもそもの水量がたくさん入らないドラム式は、汚れ落ちに弱点があります。 洗い時間を長くすることで、そのデメリットを解消。

◆洗濯機に水→洗剤→衣類の順番で入れる

1.洗濯槽が空の状態で、水の量を最大に設定し、 スタートボタンを押します。

2.水がたまったら一時停止して、直接洗剤を入れます。再度スタートボタンを押して2〜3分空回しをし、洗剤を泡立てます。

3.最後に洗濯物を入れます。 泡立ってから入れることで、水が衣類に直接ふりかかることによるダメージがおさえられます。

衣類がすべて水につかった状態で、こぶしを衣類の上に置いて、手首まで水がくるくらいがちょうどよい水量の目安です。

【ドラム式の場合は?】
ドラム式は先に水をためることができないので、事前に水と洗剤を1:1の割合でペットボトルなどに入れ、よく振って混ぜます。それを注入口に入れればOK。泡洗浄コースがあればそれを使いましょう。


STEP 3:乾燥・仕上げ

服を長持ちさせるには普段洗いも「部屋干し」を。天気に関係なく、大切な衣類は部屋干しするのがおすすめ。紫外線の光は衣類の色あせやダメージの原因になります。

速く乾かせばにおわない
衣類に水分が残っている状態が続き、落ち切らなかったモラクセラ菌が繁殖するのが生乾き臭。素早く乾かせば、においはしません。

狭い部屋で高い場所に干す
湿気は部屋の下のほうにたまるので、なるべく高い場所に干すこと。 広い部屋よりは、除湿しやすい狭い部屋で干すのがベター。

除湿機と扇風機を使って
扇風機の風を水分がたまりやすい下のほうから当てると、乾きが速くなります。除湿機も同時に使うと、乾燥時間を短縮できます。

衣類のすきまをあけて

衣類と衣類の間は、風が通りやすいようこぶし1個分をあけて干します。ハンガーにかけて並べるときも、ピンチハンガーで干すときも同様です。

◆空気に触れる面積をできるだけ多くする

パーカ
もう1本のハンガーを使って、フードをピンチで留め、背中に当たらないようにすると、乾きが速くなります。
タオル
ハンガーやポールに二つ折りでかける方法は乾きにくいので×。上のほうをピンチで留めて、1枚にして干します。
ジーンズ
ポケットがあるものは裏返して干すのがコツ。ハンガーを2 本使うか、ピンチハンガーで広げて干しましょう。
ソックス
乾きにくいのは上のリブの部分。はき口の部分を広げて干しましょう。

教えてくれた 洗濯ブラザーズ profile

毎日の洗濯を楽しくハッピーにするための、洗濯のプロ集団。横浜でクリーニング店LIVRE YOKOHAMAを営むかたわら有名アーティストの衣装クリーニングなどを行う。著書に『間違いだらけの洗濯術』(アスコム)。

photograph:Jun Fujiwara text:Ema Tanaka illustration:Kayo Yamaguchi web edit:Riho Abe
リンネル2020年4月号より
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年7月号

初夏から夏へ! 季節のはざまの軽やかな装い

特別付録
MOOMIN[ムーミン]
ポケットにしまえて絵柄が変わる!
リトルミイ大型ボストン

特別価格:1040円(税込) / 表紙:麻生久美子 /
2022年5月19日発売

VIEW MORE