LIFESTYLE

ファミリーキャンプを楽しむおしゃれ夫婦が愛用! 暮らしに寄り添うアウトドアアイテム ファミリーキャンプを楽しむおしゃれ夫婦が愛用! 暮らしに寄り添うアウトドアアイテム

Tags :

子どもと出かけるキャンプに魅了されている尾野貴一さん・恵さん夫妻。信頼度抜群のガレージブランドのアウトドアアイテムをはじめ、最近は工芸品からもセレクト。そんな尾野さん夫婦が愛用するアウトドアグッズを教えてもらいました。

目次
ファミリーキャンプを楽しむおしゃれ夫婦が愛用! 暮らしに寄り添うアウトドアアイテム
  1. お話を伺った 尾野貴一さん、恵さん夫妻 profile
  2. 軽い、丈夫、そして楽しい。アウトドアアイテムに求めるもの
  3. 尾野さん夫婦が愛用するアウトドアグッズ

尾野貴一さん、恵さん夫妻 profile

アパレル勤務の夫、アーティストのマネジメント会社勤務の妻、5歳の長男でマンションに暮らす。数年前からパパ友、ママ友や同僚家族と行くファミリーキャンプを楽しむ。

軽い、丈夫、そして楽しい。
アウトドアアイテムに求めるもの

道具選びは、ほとんどを夫の貴一さんが担当しています。アパレルブランドの生産管理という仕事柄、その「見る目」で新しいものを探すのも得意。テントやクーラーボックスなど長く使いたいものは、信頼できるブランドの丈夫なものを選ぶことが多いとか。

ダイニングの壁に取りつけた棚の下に置かれたのは、第二の冷蔵庫として使っている「YETI」のクーラーボックス。氷がとけにくく、密閉率の高さで知られるアメリカ生まれの名品。

SNSやイベントで出合ったガレージブランドのアイテムは、ダイニングの棚にディスプレイ。

逆に、コーヒードリッパーやランタンカバーなどの小さなものは、ガレージブランドや工芸品からセレクト。ガレージブランドとは個人や小規模事業者で作られるブランドのことで、ここ数年盛り上がりを見せているそう。

真鍮製の折りたためる「KIKKERLAND」のコーヒードリッパー。

「寄せ木細工×キャンプをコンセプトにした『nina haw』のランプシェードや、真鍮を使った『monarch works』の蚊取り線香立てなど、職人の手仕事とアウトドアを掛け合わせたおもしろいアイテムがあるんです。小さいガレージブランドだからできる発想の自由さがいいんですよね」

いくらキャンプ好きでも、インテリアはいかにもアウトドア!な雰囲気にはしたくない、という貴一さん。

土鍋などの工芸品やコーヒーのための道具と並べ、あくまでさりげなく。日本の手仕事を裏テーマにアイテムを並べる。それがアウトドアアイテムが“暮らしに寄り添う”秘訣のようです。


尾野さん夫婦が愛用するアウトドアグッズ

〈hammock2000〉のチェアーハンモック

寝室では、長男の文哉くんがハンモックでゆらゆら。

〈Helinox〉のコット

高い強度と軽量で知られるコット。キャンプでベッドがわりにしているが、家では酔っ払った友人の仮眠のために使うとか。生地は「Pilgrim Surf+Supply」との別注。

〈monarch works〉の 蚊取り線香立て

真鍮で作られた蚊取り線香立て。キャンプ場だけでなく、バルコニーでも重宝!

〈Kermit chair〉の椅子

たたむとバイクに載せられるくらい小さくなるチェア。

photograph:Ryoko Amano, Yuta Seki text:Tomoko Yanagisawa web edit:Riho Abe
リンネル2021年9月号より
※写真・文章の無断転載はご遠慮ください

Tags :

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年11月号

旬を装う1か月 私の秋おしゃれ計画表

付録
nest Robe[ネストローブ]
牛革ワッペン付き
ポケット充実トートバッグ

特別価格:1,080円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2022年9月20日発売

VIEW MORE