暮らしのヒント

素敵な人のモーニングルーティン:kuchinashi*さんの場合 素敵な人のモーニングルーティン:kuchinashi*さんの場合

Tags :

暮らしを大切にしている人たちが、毎日を心地よくするためにしていることは? 今回はブロガーのkuchinashi*さんにモーニングルーティンについて伺いました。

name:kuchinashi*さん job:blogger

Profile

東京と埼玉の境に、夫と犬1匹と暮らす。Vlog「kuchinashi*」 https://www.youtube.com/channel/UCIu6dYcQ_aer2aJHVouJv3g

疲れたら、がんばらない。 無理をせず、最低限のことだけ。

角部屋のリビングには二方の窓から陽が差し、窓の外には空が広がり……。郊外のマンションの上層階に、kuchinashi*さんの家はあります。自分の願いを叶えたこの家での暮らしは、以前とは、心地よさが驚くほど違うそう。その一方、平日は夫の帰宅が遅く、ひとり時間の長さにさみしく思うことも。家事も一手に抱えるなか、毎日の流れで大切にしているのは、その日の自分の気分。「毎日のようにやっていることでも、疲れている日はやりません」。朝と夜の家事は、考えずできることだけ。特に朝は、一日をやりくりするための最低限のことのみにしています。ほどよく割り切ることも大事にして、愛犬・むぎとのスキンシップで心を癒やし、整える毎日です。

6:00 起きがけに鉄瓶で沸かした白湯を一杯

寒い日の朝はまず、南部鉄器の鉄瓶で沸かした白湯を。体を目覚めさせるためだけでなく、腸も緩やかに動き始めさせる一杯。鉄瓶は、3か月待って手に入れた、りんごの形をモチーフにした「kanakeno」のもの。

6:15  夫を起こすまで、最低限の家事に集中

ベランダの草木にも水をやるなど、朝、やらねばならないことだけを、さっと。

洗濯機を回し、バルミューダの加湿器をセット。

「この家は陽当たりがいい半面、乾燥するので、寒い季節は必ず朝からつけます」。

6:30 いつも飾っている季節の花を手入れ

光がきれいな窓際の棚上に飾っている、その時期の花々の水を替えるのも、朝の習慣のひとつ。「いつも野菜と一緒に、地域にある直売所で選んで買っています。暮らしやインテリアに季節感をもたらすために、花は欠かせません」

6:45 朝食はできるだけ簡単に

定番のフルーツやナッツを加えたヨーグルトに、ホットサンドなどをプラスすることも。普段は豆からひいて、手で淹れるコーヒーも、平日朝はドリップバックにして、片付けをらくに。

photograph:Kiyono Hattori text:Kaori Akiyama web edit:Liniere.jp
※写真・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

北欧から届いた暮らしのアイデア

特別価格:1030円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2021年10月20日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています