暮らしのヒント

素敵な人のモーニング&ナイトルーティン:宮本直子さんの場合 素敵な人のモーニング&ナイトルーティン:宮本直子さんの場合

Tags :

暮らしを大切にしている人たちが、毎日を心地よくするためにしていることは? 今回はニットデザイナーの宮本直子さんにモーニング&ナイトルーティンについて伺いました。

name:宮本直子さん job:ニットデザイナー

40歳をむかえ、無理をせず現状維持を大切に

Profile
アパレル系ブランドの企画やデザインを手がけるフリーのニットデザイナー。建築士の夫と都内の一戸建てに暮らす。

体のメンテナンスでモチベーションを維持

2020年に入ってフリーランスに転向した宮本直子さん。これまで以上に自分を意識したルーティンを心がけるようになったそう。「年齢とともに自分のライフスタイルに合った仕事の仕方に切り替えていきたいと思っていて、40歳になるのを機に独立しました。ちょうど妊娠も重なり、無理のないペースで仕事と暮らしの変化を楽しんでいます」
そんな直子さんが朝起きて一番にするのは、体重計に乗ること。「仕事柄、コーディネートを考えることや、ファッションを楽しむことが好きです。好きな服が似合うような体型をキープしたくて、20代後半から体のメンテナンスに目を向けるように。私にはヨガや筋トレがとても合っていて、続けていることが自分のモチベーションアップにもつながっています。妊娠中は太りやすいので、この習慣に今は助けられています」


6:00 表玄関の掃除と植物のお手入れでスイッチをオン

週に1~2回、いつもより早起きして表玄関の掃除をします。「静けさが残る朝の作業は、心がすっきり整って、一日を気持ちよくスタートできます」。便利な道具を探すのが好きという直子さん。手を汚さずに草むしりができる草取りフォークを愛用。

7:00  朝一の体重測定で体の変化をチェック

朝起きたら真っ先に体重と体脂肪をチェック。「スマホアプリで記録できるので、体の変化に気づきやすいです」。

9:00 朝晩の筋トレで、体力&体型キープ

朝晩はお気に入りのYouTube「Muscle Watching」を見ながら10分間体を動かすのが習慣に。「少しきついくらいの筋トレが大好き(笑)。今は妊娠中なので軽めのストレッチにしています」

20:00  夜は自由に、好きなことをする

夕食後はソファに座って洋服のコーディネートの研究や読書をしながらゆっくり過ごします。

23:30 体のケアをして眠りにつく

足がむくみやすいので就寝時は筒状の愛用足枕でケア。「締めつけ感がなくてレッグウォーマーみたいに温か。その日のむくみはその日にリセットしています」

photograph:Kiyono Hattori text:Maki Nagai  web edit:Liniere.jp
※写真・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

北欧から届いた暮らしのアイデア

特別価格:1030円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2021年10月20日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています