暮らしのヒント

ルーティンのアクション数を見直して快適に:マキさん ルーティンのアクション数を見直して快適に:マキさん

Tags :

むだな作業をなくすことも、シンプルライフを実現するカギに。日々のルーティンに、省けるアクションがないか見直してみましょう。

固定観念を手放すことも、ラクを叶える秘訣

毎日当たり前のように行っている習慣を、ときには疑ってみる。それも、自分にとっての心地よい暮らしを実現するには大切です。たとえば朝晩のスキンケアに使う化粧水は、ふたを“外したまま”にするのがマキさん流。「使うたびにふたを開けて、また閉めて…という作業が、私にとっては面倒。試しになくしてみたら、持ち歩かないので液がこぼれることもないし、扉付きの収納に入れればホコリもつきません。正しい使い方ではないかもしれませんが、個人的には特に困ることもないので、外したままにしています」

もちろん「化粧水のふた」というのはあくまで一例にすぎません。重要なのは「本当にこのアクションは必要なのかな?」と、疑いの目を持って暮らしを見直すこと。「日々の習慣の中には、『これはスキップしても支障がない』というものがきっとあるはず。そうしたむだを省き、家事や生活習慣にかかるアクション数を減らすことが大切です。ほんの数秒の違いでも、忙しい朝には貴重ですから」

特にアクション数を意識したいのが、毎日1回以上使うものの配置。ワンアクションで手が届くようにすることで、部屋のちらかりも防げます。「ワンアクションにするメリットは、ものを戻しやすいこと。『これから作業しよう』というときにものを出すのは苦にならないけど、使い終わったものを戻すのは億劫ですよね。だからこそ“戻しやすさ”を意識することで、ちらかりにくい部屋になるんです」

コンタクトレンズはパカッと開くセリアのケース(左)へ。「くるくる回すタイプ(右)のふたより開閉が簡単」

開閉の手間を省くため、化粧水はふたを外したまま洗面所の鏡裏へ。扉付きなのでホコリも入りません。

マキさんのYouTubeはこちらから!

キッチンツールを見直して快適に! マキさんの愛用品を拝見

マキさんに聞く、お気に入りだけ持つ暮らし

photograph:Keiko Ichihara text:Hanae Kudo web edit:Liniere.jp
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

暮らしとおしゃれ秋のTO DO LIST

特別価格:890円(税込) / 表紙:黒木華 /
2021年9月18日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています