こどもと暮らし

子どもの個性を伸ばす習慣と部屋作り・「心地よい暮らし研究会」マキさん 子どもの個性を伸ばす習慣と部屋作り・「心地よい暮らし研究会」マキさん

Tags :

子どもの生活が変化する新学期。スムーズな切り替えのために、どんな部屋作りをすればいいか、2人の娘さんをもつ「心地よい暮らし研究会」マキさんに聞きました。

子どもの個性に適した配置を子どものデスクまわりは、それぞれが使いやすい配置を意識。
「長女は左利きなので、デスクの上は左側を空けて、ライトは右側から照らすようにしています。右利きの次女はその反対の配置に」

文具収納もそれぞれのやり方で

長女はペン立て、次女は引き出しと、文具の収納もそれぞれの使いやすいやり方に。
「長女は目から入ってきた情報に反応しやすいタイプなので、気が散らないよう白で統一しています」

毎日の積み重ねが子どもの自信に
公文のドリルを「毎日1束」ずつ解くのが次女のルール。
「毎日続けられていることが、本人の自信になっているよう。今日もがんばってね、と親から声かけする機会にもなります」
進級に合わせて本棚の入れ替えも
学年が変わるタイミングは、棚や机を見直す絶好の機会。
「よく使う本を取りやすい位置へ移したり、成長に応じて入れ替えしたり。1年の思い出を話しながら一緒に整理してもいいですね」

マキさんのYouTubeもチェック!

photograph:Keiko Ichihara text:Hanae Kudo web edit:Liniere.jp
※写真・文章の無断流用はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

北欧から届いた暮らしのアイデア

特別価格:1030円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2021年10月20日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています