日々の食卓

漬けこんでやわらかくジューシーに! トマトバターチキンカレー【レシピ・若山曜子さん】 漬けこんでやわらかくジューシーに! トマトバターチキンカレー【レシピ・若山曜子さん】

Tags :

たっぷり作り置いてもおいしい煮込み料理は、冬の毎日の食卓をラクにしてくれます。料理研究家の若山曜子さんに、さまざまな楽しみ方のできるおすすめレシピを教えていただきました。今回は、ほろほろのお肉にトマトとバターの相性◎な「トマトバターチキンカレー」のレシピです。

目次
漬けこんでやわらかくジューシーに! トマトバターチキンカレー【レシピ・若山曜子さん】
  1. トマトバターチキンカレーのレシピ
  2. このレシピを教えてくれたのは 若山曜子さん

トマトバターチキンカレーのレシピ

しっとりやわらかいヨーグルト漬けチキンが主役

●材料(4人分)
鶏骨付きぶつ切り肉…400g
プレーンヨーグルト…100g
玉ねぎ…1 個
にんにく、しょうが…各1かけ
トマト水煮缶…400g
カルダモン…2 ~ 3 粒 
クミンシード…小さじ1

A
カレー粉…大さじ1 ~ 2
塩…小さじ1

バター…大さじ2
砂糖、塩…各適量
温かいご飯(バスマティライスなど)、香菜…各適量

●作り方
1.鶏肉は皮を除き、ヨーグルトとともに容器に入れ、漬ける。玉ねぎ、にんにく、しょうがはフードプロセッサーで撹拌する。

2.鍋にバターを弱火で溶かし、カルダモン、クミンを加える。香りが立ったら、玉ねぎ、にんにく、しょうがを加えて炒め、あめ色になってきたら水煮トマトを加え、ひたひたになるまで水を加え、ふたをして弱火で10 分ほど煮る。

3.鶏肉とヨーグルト、Aを加え、沸騰したらふたをして弱火で10 分ほど煮込む。塩、砂糖で味を調える。

4.温かいご飯とともに器に盛り、香菜を散らす。

このレシピを教えてくれたのは 若山曜子さん

料理・菓子研究家
若山曜子さん
フランス料理をベースに、幅広いレシピを提案。著書に『一皿でごちそう! わたしの煮込み料理』(宝島社)など。

若山曜子さんのレシピ一覧はこちら!

リンネル.jpのその他のレシピ一覧はこちら


cooking: Yoko Wakayama photograph: Miyuki Fukuo styling: Yuko Magata text: Kaori Akiyama web edit & text : Liniere.jp
リンネル2018年3月号より
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

一番大切にしたいこの気持ち。
“好き”をまとって暮らす幸せ

特別価格:1020円(税込) / 表紙:高畑充希 /
2022年1月19日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています