LIFESTYLE

シロカの最新食器洗い乾燥機(食洗機)は、水道工事不要で家族分洗える大容量! シロカの最新食器洗い乾燥機(食洗機)は、水道工事不要で家族分洗える大容量!

siroca 食洗器
Tags :

シロカから、大容量かつ、付属のバケツから給水を自動で行う「自動給水式」の食器洗い乾燥機が登場。温風乾燥機能搭載の「食器洗い乾燥機 温風乾燥タイプ SS-MH351」と、洗浄後自動でドアが開き食器と庫内の自然乾燥を促す「食器洗い乾燥機 オートオープンタイプ SS-MA351」の2タイプで、5月21日に発売。

目次
シロカの最新食器洗い乾燥機(食洗機)は、水道工事不要で家族分洗える大容量!
  1. 家族みんなの食器を一度に洗える! スリムなのに大容量の食器洗い乾燥機
  2. 選べる2タイプの食器洗い乾燥機
  3. 水道工事不要、UV除菌&庫内ステンレスで衛生的! 充実の機能が満載

家族みんなの食器を一度に洗える! スリムなのに大容量の食器洗い乾燥機

庫内

4、5人分の食器36点(※1)をセットできる大容量で、家族みんなの食器を一度に洗える優れもの。
※1 食器点数は、 日本電機工業会自主基準によります

最大27cm(※2)の大皿や、 直径 28cmまでのフライパン (※3)も洗える広い庫内ながら、 奥行きは約35cmとスリムなのも特徴です。
※2 上かごを外した場合
※3 上かごを外し、寝かせた状態でセットした場合

選べる2タイプの食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機MH351
食器洗い乾燥機 温風乾燥タイプ
各コースでの洗浄後に温風で食器を乾かす温風乾燥機能を搭載。
送風乾燥だけの場合に比べ、水滴が残りにくく、食器をしっかり乾かせるので 食器を拭く手間 を省きます 。また、食器の洗浄から乾燥までおまかせで、さらに便利に。
温風乾燥機能は単独でも使用可能です。
(市場想定価格¥70,000)
食器洗い乾燥機MA351
食器洗い乾燥機 オートオープンタイプ
洗浄後に自動でドアが開くオートオープン機能を搭載。蒸気を逃がすことで結露を抑え、食器と庫内の自然乾燥を促します 。
自然乾燥により食器や庫内を乾燥させるため、地球環境にやさしく使えます。
(市場想定価格¥70,000)

水道工事不要、UV除菌&庫内ステンレスで衛生的! 充実の機能が満載

分岐水栓式でのご使用はもちろん、 水道工事なしでも使用可能。 水道工事不要の食器洗い乾燥機はタンク式の給水方式が主流ですが、 シロカの食器洗い乾燥機はタンクを内蔵しない 「自動給水式」を採用。付属のバケツから自動で水をくみ上げるため、自分で本体に給水をする手間がなく、より手軽に使うことができます。

洗い上がりの99.9%除菌 (※4)状態を、UVライトの照射により8時間以上持続。UV除菌専用コースも搭載していて、スマートフォンケースやマスクなどの小物に加え 、哺乳瓶やタンブラーといった背の高いものも除菌することができます(※5 )。また、庫内は汚れのつきにくいステンレスを採用 、衛生的に使えます。
※4[試験機関]日本微生物クリニック株式会社 [試験方法]寒天平板混釈法(菌の種類2種)。食器の種類、形状、位置、汚れの程度などにより結果は異なります
※5 UVライト照射面のみ除菌できます。対象物全体を除菌する場合は、角度を変えたり裏返したりして全体を照射してください

さらに、最高75℃の高温洗浄 と、最大2mに達する高水圧とあらゆる角度から洗い上げる360°洗浄を組み合わせた「トルネード 除菌洗浄 75」を搭載。手洗いでは落としづらいしつこい油汚れも、すっきりキレイに洗い上げます。
また、水の汚れを検知する「おまかセンサー」がついていて、食器の汚れ具合に合わせて洗浄するおまかせコースを搭載 。汚れのレベルに応じた洗い方で節電にもつながります。


一度にたくさんの食器が洗えて、大人数の片づけはもちろん、洗い物が多くなる来客後の後片付けまで、普段の家事がぐんと楽に。
給水の手間が減り、衛生面も地球環境にもこだわった特別な食器洗い乾燥機を、ぜひチェックしてみてください。


お問い合わせ先
シロカ
0570-001-469
シロカ公式サイト


edit & text : Liniere.jp
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年7月号

初夏から夏へ! 季節のはざまの軽やかな装い

特別付録
MOOMIN[ムーミン]
ポケットにしまえて絵柄が変わる!
リトルミイ大型ボストン

特別価格:1040円(税込) / 表紙:麻生久美子 /
2022年5月19日発売

VIEW MORE