LIFESTYLE

植物の実験室みたいなベランダ菜園<アナウンサー・住吉美紀さん> 植物の実験室みたいなベランダ菜園<アナウンサー・住吉美紀さん>

アナウンサー 住吉美紀 ベランダ菜園
Tags :

山野草の寄せ植えをいただいたのをきっかけにベランダ菜園をはじめたという、アナウンサーの住吉美紀さん。アロマアドバイザーの資格を持ち、食卓で楽しむためのハーブも育成中。そんな住吉美紀さんのベランダ菜園をご紹介します。

目次
植物の実験室みたいなベランダ菜園<アナウンサー・住吉美紀さん>
  1. わが家のベランダは植物の実験室
  2. <住吉美紀さんのベランダ菜園1> 挿し木をして数を増やしています
  3. <住吉美紀さんのベランダ菜園2> 摘みたてのハーブを食卓に添える
  4. <住吉美紀さんのベランダ菜園3> 室内の緑も増加中!
  5. <住吉美紀さんのベランダ菜園4> 奥深き盆栽の世界に足を踏み入れました
  6. アナウンサー・住吉美紀さん profile

わが家のベランダは植物の実験室

アナウンサー 住吉美紀 ベランダ菜園

山野草の寄せ植えをいただいたのがベランダ菜園のきっかけに。

「日本の山野草って小さくて可憐で儚くて素敵だなと。小さい鉢の中でたくましく育ってくれるのが嬉しくて、ちょうどアロマアドバイザーの資格を取ったときで、ハーブも育ててみたんです。どんどん育つので試しに挿し木したら根づいて。それが楽しくてはまりました」

今では30種類ほどに増え、育て方を調べてはトライ&エラーをくり返しているそう。

「土や条件を変えて成長を比べたり、挿し木や茎伏せをしたり、実験感覚で手間をかけるプロセスを楽しんでいます。緑や土に触れていると、底知れない幸福感が。この時季は成長が目まぐるしいので目が離せません」


<住吉美紀さんのベランダ菜園1>
挿し木をして数を増やしています

「剪定した枝は挿し木しています。順調に根づくと嬉しいですね」。ローズマリー、シェフレラ、ガジュマルなどのほか、田舎から持ち帰ったスミレやアレンジに入っていたアイビーも試しているそう!


<住吉美紀さんのベランダ菜園2>
摘みたてのハーブを食卓に添える

「夫が経営するカフェでも使えるようにハーブ農家さんから苗を分けてもらいました。香りがとってもいいので、フレッシュのまま料理に使ったり、使いきれなかったローズマリーは、ドライにして長く楽しみます」


<住吉美紀さんのベランダ菜園3>
室内の緑も増加中!

窓際には大きなシェフレラとホヤ・カーティシーが吊るされています。「植物が目に入ると心が休まるので、リビングには存在感があるものを置いています」

初心者でも育てやすい「アローカリア」と愛猫の珈美(こみ)ちゃん。

<住吉美紀さんのベランダ菜園4>
奥深き盆栽の世界に足を踏み入れました

『銀座雨竹庵』で出合ったケヤキの盆栽。「紅葉樹で四季を感じられ、下から眺めるとピクニックしているような気持ちに。中に風と光が届くように葉や枝を整えたり、作業のひとつひとつが奥深くて楽しいです」

盆栽のお手入れは「喜久和」の道具を愛用!

アナウンサー・住吉美紀さん profile

NHK退局後、フリーに。パーソナリティをつとめる TOKYO FMの朝のワイド番組「住吉美紀のBlue Ocean」は今年で10年目に。休日は4匹の愛猫と過ごし、ベランダで植物を愛でるのが至福の時間。

photograph:Yuta Seki text:Maki Nagai web edit:Riho Abe
リンネル2021年9月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年7月号

初夏から夏へ! 季節のはざまの軽やかな装い

特別付録
MOOMIN[ムーミン]
ポケットにしまえて絵柄が変わる!
リトルミイ大型ボストン

特別価格:1040円(税込) / 表紙:麻生久美子 /
2022年5月19日発売

VIEW MORE