暮らしのヒント

yujiさんに聞く、「風の時代」の心地いい暮らし方と生き方 yujiさんに聞く、「風の時代」の心地いい暮らし方と生き方

Tags :

18世紀末の産業革命の頃から続いた土の時代から、ついに2020年12月22日、風の時代へバトンが渡されました。新しい時代は、一体どんな世界が広がっていくのか? 占星術の視点から、これからの暮らしに必要なことをyujiさんが読み解きます。

風の時代とは? 暮らしはどう変わる?
自分にとっての心地よさを大切に過ごす

「“個”が主役。ゆとりある暮らしを模索する時代に」

2020年からメディアを騒がせていた「風の時代」というキーワード。占いに詳しくなくても、この言葉を耳にした人は多いのでは?
昨年12月22日に天体では大きな動きがありました。占星術のタイムラインには火・土・風・水の4要素があり、それぞれが約200~240年続きます。火の時代が終われば、土の時代。土が終われば風。そんなふうに、時代のバトンが順番に渡されます。
今までは物質的な豊かさに重きを置く土の時代でしたが、昨年末をもって風の時代に切り替わりました。
ここからは、まさに“個”が主役。地位や名誉、財産などの目に見える豊かさより、それぞれのオリジナリティやセンスが重視されます。
性別や職種、肩書、国籍など、今まで跳び越えられなかった垣根も軽やかに越えられるでしょう。
多くの人が生活に余白を求め、ゆとりある暮らしとは何かを模索し始めます。仕事以外の時間を大切にするし、逆に仕事が遊びになる人も。
20年前は会社を起こすのに資本金が必要でしたが、今や1円で会社ができる時代。個人でオンラインサロンだって作れる。だから、ニートや主婦など、今まで強者とされなかったポジションの人にもスポットが当たりやすい。高校生の起業家なんてもう珍しくないでしょう。
一生会社に仕える時代は終わりましたから、転職もどんどんできます。転職すると経歴にキズがつくなんて昔の話。
また、COVID-19という新型ウイルスの存在で、今まで当たり前だった通勤という概念が吹き飛びました。今やリモートで仕事ができる人も増えました。おかげで、仕事と家のボーダーがなくなり、オンオフの意識も希薄です。土の時代から心地いい暮らしをモットーとするリンネル読者には、風の時代はすでにアドバンテージがあるといえます。

「考えや思っていることをとにかく発信するのが吉」

そして、“盛る”流行は終わり、とにかく“削る”のがトレンド。
moreよりlessの時代です。ものを買うより減らすことを重視するし、買うならストーリーを感じるものに心が動きます。どこで買うか、誰から買うか。背景に+αがなければ食指は動きません。
ちなみに、僕はTwitterで家を探してみようかと。
「星読みって仕事をしているんだけど、誰か家貸さない?」ってつぶやこうかな(笑)。条件さえ合えばマッチングが成立します。
だから、情報を拡散して、自己表現できるSNSは非常に風の時代っぽいツール。こういう時代にリツイートしてばかりじゃもったいない。考えていることや思っていること、好きなものなど、ネットで発信することをおすすめします。いわば、個々の思想がモノをいう戦国時代。借りも
のの言葉はいりません。センスは自分で磨く時代です。

PROFILE

yujiさん

星読み係。毎日星を読み、そのメッセージをSNSで配信。個人鑑定、連載、講演など、幅広い分野で活躍。近著に『「風の時代」に自分を最適化する方法』(講談社)、『星2.0』(光文社)などがある。
https://ameblo.jp/uenopasiri/

text: Tokiko Nitta illustration: Tomoko Shinozuka web edit:Liniere.jp
※写真・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください。

Magazine
リンネル最新号

北欧から届いた暮らしのアイデア

特別価格:1030円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2021年10月20日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています