心と体のケア

素敵な人から学ぶイライラの整え方:南上夕佳さん 素敵な人から学ぶイライラの整え方:南上夕佳さん

Tags :

いつも笑顔が素敵な人たちからイライラ気分の整え方を学びましょう。今回は植物療法士/ルボアフィトテラピースクール 副代表の南上夕佳さんにご機嫌でいる秘訣を伺いました。

Profile

自身がホルモンバランスを崩したことをきっかけに、植物療法士に。百貨店やレストラン、企業などで、セミナーやカウンセリングを行う。近著に『自然ぐすり生活』(ワニブックス)。

感謝の気持ちで
相手に接することで穏やかに

家にずっといることでフラストレーションがたまってイライラしてしまうことはありました。外出できず、ワンオペ育児が続くともやもやした気持ちにも。でも、今まで当たり前にできていたことが、実はありがたいことだったという気づきも大きく、感謝の気持ちを持つことができました。家族に対しても、長い時間一緒にいると感謝の気持ちが薄れがち。だからこそ、ささいなことでも「ありがとう」と言葉にすることを意識。その度にやさしい気持ちになれて、イライラ予防になっています。

何事も楽しんで取り組むこと

ちょっと面倒なときも、笑顔で取り組んでイライラを予防。脳が錯覚して楽しいと感じるように心がけます。少し口角を上げているだけで、ナチュラルキラー細胞が活性化して、免疫力も上がります。

いっぱいいっぱいであることを宣言する

自分のことで手いっぱいになると、他人に対して不満が湧いてしまいがち。私も夫にあたってしまうこともあります。そういうときは、素直に「今、いっぱいいっぱいなの」と宣言。協力してもらったり、集中できるようにさせてもらいます。

植物の力を味方につける

イライラしたときは、エッセンシャルオイルの香りをかぎます。精油は、天然の分子がたくさん集まった有機化合物。かいだ1.5秒後には、脳の大脳辺縁系に到達し、自律神経を調節してくれるので、イライラがスーッと引いていきます。

これもおすすめ!
メリッサのタンチュメールを飲む

メリッサは、不安を鎮め精神を安定させるトランキライザーの効果があります。飲むととっても穏やかな気持ちになれますよ。

気分を変えたいとき、エッセンシャルオイルの使い方あれこれ

リフレッシュしたいときは…
【オレンジ、ベルガモット】

柑橘系は、リフレッシュ効果とともに副交感神経を穏やかにしてくれる働きがあります。寝室に香らせるのもおすすめです。

やさしい気分になりたいときは…
【ホーリーフ、ラベンダー】

周囲に対しトゲトゲしい気分になりそうなら、ホーリーフ、ラベンダーの香りをかぐと、穏やかな気分が戻ってきます。

気合を入れたいときは…
【 レモン、ユーカリ 】

ダラダラしてやる気が出ない、シャキッと集中したいというときは、レモンやユーカリの香りをかぐと、気合が入ります。

illustration:Yuko Saeki text:Ema Tanaka web edit:Liniere.jp
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
リンネル最新号

暮らしとおしゃれ秋のTO DO LIST

特別価格:890円(税込) / 表紙:黒木華 /
2021年9月18日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています