LIFESTYLE

特集猫と一緒に心地いい暮らし

たくさんのものを残してくれた不思議な猫の話 【猫沢エミさんと猫の話 vol.4】 たくさんのものを残してくれた不思議な猫の話 【猫沢エミさんと猫の話 vol.4】

特集猫と一緒に心地いい暮らし

現在パリで2匹の猫と暮らす、ミュージシャンで文筆家の猫沢エミさん。特に愛猫イオちゃんから多くのことを学んだといいます。イオちゃんとの日々を描いた最新刊の『イオビエ 〜イオがくれた幸せへの切符』の一部をご紹介してきたこの連載。最後となる今回は、3回目に引き続き、猫沢さんのインタビューをご紹介します。

目次
たくさんのものを残してくれた不思議な猫の話 【猫沢エミさんと猫の話 vol.4】
  1. イオとの不思議な出会い
  2. 必要なときが来たら、本を開いてほしい

猫沢エミさんプロフィール

ミュージシャン、文筆家、映画解説者、生活料理人。2002〜2006年、一度目のパリ在住。2007年より10年間、フランス文化誌『Bonzour Japon』の編集長を務める。超実践型フランス語教室《にゃんフラ》主宰。著書に『ねこしき』(TAC出版)、『猫と生きる。』『パリ季記』(ともに扶桑社)など多数。2022年2月より愛猫を引き連れ、二度目のパリ在住。
Instagram:@necozawaemi

イオとの不思議な出会い

たくさんの猫と暮らしてきた猫沢さんですが、とくにイオちゃんは不思議な猫だったといいます。

「猫ってこの世にいながらこの世にいない、生と死の境界線がないようなイメージがすごくあるのですが、イオは特に達観した不思議なところがありました。そもそも出会う前日に“イオ”という名前が降りてきたのですが、イオが心の中で「私を見つけて」と強く思っていたのをキャッチしたのではないかなと思います。運命的な魂と魂の出会い、本当に特別でした。

この本を読むと、私とイオだけの関係ではなかったことがすごくよくわかると思います。2匹の先住猫たちとの関係も、ユピとの恋人関係もあるし、介護の最終期にはいろんな人がイオに会いにきてくれました。彼女がまだ元気なころは、私ではなく、イオに話を聞いてもらいたいと来る友達がいたくらい。懐が深くて一緒にいると安心できるような。猫と人というジャンル越えた不思議なところがあったんですよね。たったの1年半でしたが、2匹のいい指南役でもあって、イオに躾けられてユピは人のものに手を出さなくなったし、女の子らしく甘えるのがすごく上手だったイオの影響で、ピガも本当に甘え上手になりました」

「何か形あるものだけが残るのではなく、それぞれに残していってくれたイオの教えは遺産だなと思うんです。短い間で私たちの人生をよりよく変えたり、考えるきっかけをくれたり、最終的にはパリに行くきっかけを具体的に作ってくれました。SNSにイオの手記を書いていたのは、起きていることを一回吐き出すため、自分のために書いていたのですが、気がついたらフォロワーさんがすごく増えていて。そのなかに、今に通じる大事な友達や仕事仲間がいっぱいいて、みんなイオが集めてくれたんですよね。

ユピとピガは、遺影をずっと2匹で見ているときもあって、イオのことは一切忘れていないと感じますね。特にユピは、確実に恋人を亡くした猫で、どこかいつもうっすら寂しそうです。ご縁があれば、パリジェンヌの女の子を飼ってあげたいなと思っています」

必要なときが来たら、本を開いてほしい

前作の『ねこしき』に続き、料理上手な猫沢さんのレシピが載っていて、日常に寄り添ってくれる一冊に。

「レシピを入れるのは担当編集者のアイデアでした。そもそも家で作る料理はすべて思い出とセットになっていますよね。それをわざわざレシピにしていいの? と思いながらも、いつもイオを思って泣きながら食べている焼きそばなど、同じように大事な存在を亡くした人が、登場する料理を作って気持ちを重ね合わせて食べることで癒やされるかもしれない、と思って入れました。レシピだけ先に作ってみるのもいいと思います。

この本は400ページもあるので、この厚さやテーマに怯えることなく読んでもらえたら。ダジャレを言ったりする、不完全で人間くさい神様など、ふざけたサブキャラも登場したりと小説の中にはおもしろおかしい部分もあります。それでも読めば涙は流れるけど、心が楽になるのではないかなと思います。

最初から順を追って読まなくても、好きなところから読んでみてもいい。小説に流れはありますが、『このときはどうだったんだろう』と思って日記を先に見てもらってもいいし、フォロワーさんのなかには『これは読み応えがあるから、まずはここ』と最後の写真ページから見たという方もいます。別れの直後でまだ手に取れないようなら、いつか必要な日が来たときに開いてもらえたらいいなと思います」

『イオビエ 〜イオがくれた幸せへの切符』
急性の「扁平上皮癌」によって、1か月半の闘病の末、急逝した猫沢家の保護猫イオちゃん。猫沢さんとイオちゃんの出会い、病気の寛解、幸せの日々、急に訪れた永遠の別れを、イオちゃん視点のファンタジー小説を主軸とし、猫沢さんの日記を挿入、一人と一匹の愛の物語を紡ぎます。猫沢飯レシピ付き。
https://tacpub.jp/list/detail.php?bc=110404

>> リンにゃる【猫と一緒に心地いい暮らし】特集をもっと見る↗

>> 猫との幸せエピソード、毎日更新。「日々猫好日」連載で癒やされる↗

photograph:Keiko Ichihara edit & text:Mayumi Akagi 
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年4月号

料理は人生のスパイスだ!

付録
MOOMIN[ムーミン]
二重ファスナーでスリムに!
リトルミイの衣類圧縮ポーチ

特別価格:1,340円(税込) / 表紙:松岡茉優 /
2024年2月20日(火)発売

VIEW MORE