暮らしのヒント

私が新習慣にしたいこと:ライター 仁田ときこさんの場合 私が新習慣にしたいこと:ライター 仁田ときこさんの場合

Tags :

新しい生活スタイルも定着したこの春。今までやりたいと思っていたことや、改めて発見した心と体によい習慣などを、思い切ってはじめてみませんか? 今回はライターの仁田ときこさんに、新習慣にしたいことを伺いました。

仁田ときこさんが新習慣にしたいこと


1. 似合うメガネの選び方を知る

©Mari Yoshioka

「自分の顔に合ったメガネをかけると、ノーメイクでもきちんと感が出ます。
私は薄めの顔なのでメガネにはある程度インパクトが必要。
蝶番がゴールドだったり、フロントのブリッジが華やかだったり。
面長なので、太めのフレームを選ぶことで顔が引き締まった印象に。
愛用しているのは眼鏡市場のボストンフレームのもの」

2.おうちでアウトドア気分を楽しむ

「外出する機会が減ったので、自宅のベランダでアウトドアの雰囲気を楽しんでいます。
キャンプ用の椅子を並べて土鍋料理やBBQをするのが我が家のブーム。非日常感から食も進みます」

3.畑をはじめる

「家で過ごす時間が増えたので、近くの畑を借りて野菜を育てています。
キャベツ、ブロッコリー、人参など、意外にもたくさん収穫できてスーパーへ行く前にここに寄るのが日課に」

4.テレワークの日は「家着」で過ごす

©Daisuke Kusama

「ラフな部屋着ではなく、誰の前に出ても恥ずかしくない“家着”という選択肢が増えました。
リラックスできるのは大前提、そのうえで今の感覚を取り入れているのがルール」

▼仁田さんの「暮らしのルーティン」動画はこちら【リンネルチャンネル】

Profile

仁田ときこ(にった・ときこ)さん

衣食住をテーマにさまざまな媒体で執筆する編集ライター。慣れ親しんだ東京から、海と山に囲まれる葉山へ引っ越し、自然豊かな環境での子育てを満喫中。二児の母。
Instagram「@tokikonitta


text: Tokiko Nitta web edit : Liniere.jp
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください。

Magazine
リンネル最新号

北欧から届いた暮らしのアイデア

特別価格:1030円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2021年10月20日発売

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています