FOOD

コク深い手作りオイルが決め手! いんげんとアボカドの香菜チーズ和え【レシピ・堤 人美さん】 コク深い手作りオイルが決め手! いんげんとアボカドの香菜チーズ和え【レシピ・堤 人美さん】

Tags :

青々しく、独特の香りと風味を放って、一皿をさわやかにまとめる香味野菜は、夏に欠かせない食材です。たっぷりの香味野菜を使った、和えるだけの簡単絶品料理を料理研究家の堤人美さんに教えていただきました。今回は、香菜入りチーズオイルが新しい! いんげんとアボカドの香菜チーズ和えのレシピです。

目次
こく深い手作りオイルが決め手! いんげんとアボカドの香菜チーズ和え【レシピ・堤 人美さん】
  1. 香味野菜を“主役”にすれば目新しいおいしさの虜に
  2. いんげんとアボカドの香菜チーズ和えのレシピ
  3. このレシピを教えてくれたのは堤人美さん

香味野菜を“主役”にすれば目新しいおいしさの虜に

「香味野菜を加えると、何げない一皿も特別な感じになるのが、不思議」というのは、料理研究家の堤人美さん。

すがすがしい香りや力強い青々しさが、新しいおいしさを引き出します。

ポイントは、少量だけ添えるのではなく、メイン野菜としてたっぷり使うこと。
「1種類使うだけで、味が決まりやすくなります。夏のおすすめは、ワンボウルで作る、ざっくり和えるだけのおかず。肉も魚も野菜も一緒に和えれば、香りも食感もよく、暑い日でもモリモリ食べられますよ」と堤さん。
香味野菜を満喫するレシピで、夏を元気に乗り切りましょう。

 

香味野菜の和えおかずのPOINT

①香味野菜をたっぷり使って主役に
②食材の水けはしっかりきる
③具材の大きさをそろえる
④「しっかり味付け」がちょうどいい
⑤手やサーバーなどでざっくり和える

2019年リンネル9月号掲載、かつおのねぎ塩和え

香味野菜はふんだんに。水っぽいと味がぼやけ、香味野菜の力強さに負けるので、食材の水けは丁寧にきって。また、具材の大きさをそろえて味の絡みをよくし、味付けもしっかりと。手だとふわっと和えられて、おいしさアップ。

いんげんとアボカドの香菜チーズ和えのレシピ

香菜の香りとにんにくのうまみに、チーズの絶妙なコクで、ゆで野菜がレベルアップ!

●材料(2人分)
いんげん…10本
アボカド…1/2個
「刻み香菜のチーズオイル」…大さじ4
粗挽き黒こしょう…適量

●作り方
1.いんげんは、塩少々(分量外)を加えた湯で2分ほどゆで、冷水にとって水けをふき、2等分に切る。アボカドは皮をむき、2㎝角に切る。

2.ボウルに1 を入れ、刻み香菜のチーズオイルを加えざっくり和える。器に盛り、黒こしょうを振る。

刻み香菜のチーズオイル

香菜チーズオイル

●材料(作りやすい分量)
香菜…4株
にんにくのすりおろし…1かけ分
粉チーズ…大さじ4
レモン汁…小さじ2
オリーブ油…1/3カップ
塩…小さじ1/3

●作り方
香菜はみじん切りにする。ほかの材料とともにボウルに入れ、混ぜる。

今回使った香味野菜はこちら

にんにく
加熱すると香りが立ち、風味とコクが増す、料理に欠かせない素材。夏の疲労回復にも。

 

香菜
別名・パクチー、コリアンダー。独特の香りはエスニック料理の定番。デトックス効果も。

このレシピを教えてくれたのは

料理研究家・堤人美さん
料理研究家・堤 人美さん
工夫あふれる素材の組み合わせや味付けの、簡単でおいしいレシピが好評。『香り野菜が好き!』(家の光協会)など、著書多数。

■香味野菜を美味しく食べる! 堤人美さんのレシピ一覧はこちら↗

■リンネル.jpのレシピ一覧から【今日の献立】を考える↗


cooking: Hitomi Tsutsumi photograph: Nobuki Kawaharazaki styling: Hiroko Nakada illustration: Midori Asano text: Kaori Akiyama web edit & text: Liniere.jp
リンネル2019年9月号より
※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Tags :

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年11月号

旬を装う1か月 私の秋おしゃれ計画表

付録
nest Robe[ネストローブ]
牛革ワッペン付き
ポケット充実トートバッグ

特別価格:1,080円(税込) / 表紙:永野芽郁 /
2022年9月20日発売

VIEW MORE