LIFESTYLE

エッセイスト・柳沢小実さんが好きな「アジアの雑貨とカルチャー」 エッセイスト・柳沢小実さんが好きな「アジアの雑貨とカルチャー」

エッセイスト 柳沢小実 アジア カルチャー 雑貨
Tags :

“楽しい”を自家発電できる、アジアのカルチャーが大好きというエッセイスト・柳沢小実さん。もともとの台湾好きから、アジアのカルチャー全体に興味が広がったといいます。そんな柳沢さんの“好き”のお話をお届けします。

目次
エッセイスト・柳沢小実さんが好きな「アジアの雑貨とカルチャー」
  1. “好き”は、毎日機嫌よくいるためのモチベーション
  2. 中国の番組がきっかけで再開した「中国語の勉強」
  3. タイの俳優から興味が広がった「カルチャー」
  4. アジア各国の器コレクション
  5. 10年以上続く「アクセサリー作り」
  6. エッセイスト・柳沢小実さん profile

“好き”は、毎日機嫌よくいるためのモチベーション

「人生初めての“推し”ができ、彼らが出ている雑誌のデザインがかっこよくて刺激を受けたり、CMからどんなプロダクトが流行るかわかったり、文化を学んだり。次に旅行できたらどこに行こうか、妄想が止まりません(笑)。好きなことがあると家事がはかどり、生活も潤います。自分の中から前向きな気持ちが湧いてくるから、感謝したい気持ちです」


中国の番組がきっかけで再開した「中国語の勉強」

エッセイスト 柳沢小実 アジア カルチャー 雑貨

台湾好きが高じて、中国語の勉強を始めた柳沢さん。コロナ禍で学校が休みになり、1年半ほど勉強できていなかったそう。

「聴く機会がないと忘れてしまうので、少しでも中国語に触れたいと思って見始めたのが、中国のアイドルオーディション番組『創造営2021』。アジアのさまざまな国から集まった人たちが、片言でコミュニケーションを取り合う様子が自分と重なって夢中に。モチベーションを持ち直すことができました」


タイの俳優から興味が広がった「カルチャー」

エッセイスト 柳沢小実 アジア カルチャー 雑貨

中国の番組で初めて“推し”ができたという柳沢さん。「まず好きになった、中国で活動するパトリックが出演するタイのドラマ、彼と仲のいいウィンが主演した作品 『2gether(トゥゲザー)』と続けてハマりました。 そこから彼らがCMに出たタイの『CathyDoll(キャシードール)』のコスメを買ったり。 派生して“好き”が広がるのも楽しいです」


アジア各国の器コレクション

エッセイスト 柳沢小実 アジア 器

柳沢さんがずっと好きなことのひとつが、アジア各国の器を集めること。

「中国で作られてアジア各国に広がり、ほかの国で掘り出したデッドストックのものがほとんど。高価な骨董品ではなく、おそらく普通に家で使うようなものが多いので情報があまりないのですが、次第にモチーフの意味を知ったり、少しヨーロッパの香りを感じられたり、アジアっておもしろいなと思います」


10年以上続く「アクセサリー作り」

エッセイスト 柳沢小実 ハンドメイド アクセサリー

ヴィンテージのパーツで、アクセサリー作りも。「最近は15年ほど前の『E.T.』のネックレスを買って、チープなチェーンを天然石のパーツに替えてリメイクしました。自分の好きなものをぎゅっと凝縮して楽しんでいます」


エッセイスト・柳沢小実さん profile

エッセイスト 柳沢小実 アジア カルチャー 雑貨
衣食住や旅、台湾にまつわる著書多数。整理収納アドバイザーの資格も持つ。近著に『すっきり暮らすためのもの選びのコツ』(大和書房)。
Instagram:@tokyo_taipei

photograph:Nao Shimizu text:Mayumi Akagi web edit:Riho Abe
リンネル2022年3月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年7月号

初夏から夏へ! 季節のはざまの軽やかな装い

特別付録
MOOMIN[ムーミン]
ポケットにしまえて絵柄が変わる!
リトルミイ大型ボストン

特別価格:1040円(税込) / 表紙:麻生久美子 /
2022年5月19日発売

VIEW MORE