LIFESTYLE

【梅雨時の寝具メンテナンス】布団やベッドに湿気をためない畳み方やケア方法は? 【梅雨時の寝具メンテナンス】布団やベッドに湿気をためない畳み方やケア方法は?

梅雨の布団やベッドのお手入れ方法

天気が悪くて布団を干せない梅雨シーズン。布団やベッドに湿気がたまると、ダニの発生原因になります。ここでは、ナチュラルクリーニング講師の本橋ひろえさん、片づけアドバイザーの石阪京子さん、料理研究家でラク家事アドバイザーの島本美由紀さんの3名に、梅雨時期の寝具のメンテナンス方法を教えていただきました。

目次
【梅雨時の寝具メンテナンス】布団やベッドに湿気をためない畳み方やケア方法は?
  1. 上掛けを半分に折って出かけるなど通気の工夫を
  2. シルク製のシーツと毛布で湿気をためない
  3. 布団乾燥機で毎日ふかふか
  4. 教えてくれた3名の家事のプロprofile

1.上掛けを半分に折って出かけるなど通気の工夫を

梅雨の布団やベッドのお手入れ方法

「出かける前に布団を半分に折って、ベッドの上の通気性をよくするようにしています。週末には、布団乾燥機を使います」(島本美由紀さん)。外に布団を干せないときは、風通しのよい場所にイスなどを置いて、その上に広げておくだけでも。


2.シルク製のシーツと毛布で湿気をためない

梅雨の布団やベッドのお手入れ方法
肌触りも心地よくて安眠できる

布団の中の湿気は、ダニの発生原因に。「湿気がこもりにくい寝具を使うのがポイントです。シーツと薄い夏がけは、シルクのものを使っています。朝起きたら、掛け布団をどけることで、ベッドの中の通気性をよくしています」(本橋ひろえさん)


3.布団乾燥機で毎日ふかふか

梅雨の布団やベッドのお手入れ方法

「朝起きたら、コロコロでシーツの上の汚れをとり、枕を干します。そして、布団乾燥機をかけるところまでセットでやるので、布団はいつもふんわりして、寝ごこちよく過ごせています。シーツは週2回洗うのをルーティンにしています」(石阪京子さん)


教えてくれた3名の家事のプロprofile

ナチュラルクリーニング講師 本橋ひろえさん
ナチュラルクリーニング講師
本橋ひろえさん
大学で化学を学び化学メーカーに就職。結婚後家事を通して、洗剤に興味を持ち、掃除、洗濯、洗剤を科学的に解説するクリーニング講座を始める。著書に『ラクチンおそうじ虎の巻』(ディカバー・トゥエンティワン)。
片づけアドバイザー 石阪京子さん
片づけアドバイザー
石阪京子さん
「ニューズスタイル」主宰。夫と経営する不動産会社「ニューズホーム」を通して、新居が片づかないお客さんが多いことに気づき、どんな家でも片づけきれるメソッドを完成。著書に『夢をかなえる7割収納』(講談社)。
料理研究家、 ラク家事アドバイザーの島本美由紀さん
料理研究家、 ラク家事アドバイザー
島本美由紀さん
旅先で得たさまざまなアイデアを家事に活かし、手軽な料理を提案。食品保存や、家事全般の手軽さも追求する「ラク家事アドバイザー」。主な著書に『ひと目でわかる! 冷蔵庫で保存・作りおき事典』(講談社)など。

こちらもチェック!

photograph:Jun Fujiwara text:Ema Tanaka illustration:Kayo Yamaguchi web edit:Riho Abe
リンネル2018年7月号より
※画像・イラスト・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年7月号

初夏から晩夏まで着られる
おしゃれ3段活用!

付録
MOOMIN[ムーミン]
リトルミイの刺しゅう入り
きれいに整う 眉毛グルーミングセット

特別価格:1,360円(税込) / 表紙:吉高由里子 /
2024年5月20日(月)発売 ※一部地域では発売日が異なります

VIEW MORE