HEALTH

大人の女性の下着お悩み相談室。体がよろこぶブラとパンツの選び方 大人の女性の下着お悩み相談室。体がよろこぶブラとパンツの選び方

下着,ランジェリー
Tags :

加齢に伴い変化する体形や肌質など、実はひそかに下着選びで悩む大人の女性は多いもの。ランジェリースタイリスト・浅井明子さんが下着選びのお悩みを解決! 下着のプロによる、悩みに寄り添う下着選びのポイントをご紹介します。

目次
大人の女性の下着お悩み相談室。体がよろこぶブラとパンツの選び方
  1. 大人の女性こそ、下着と上手に付き合おう
  2. 下着お悩み中メンバー PROFILE
  3. プロに聞きました! 下着選びのお悩み Q&A
  4. 教えてくれたのは……浅井明子さん

大人の女性こそ、下着と上手に付き合おう

下着は単なるインナーではありません。体の大切な部分を守ってくれる女性の味方。そう話すのは、ランジェリースタイリストとして、数多くの女性に下着のフィッティングを行ってきた浅井明子さん。
「一度の試着で焦って買う人が多いのですが、サイズをひとつに絞らないことが大切です。たとえば、D70だっったらC75やE65もつけてみる。人は骨格や筋肉、脂肪のつき方がさまざまなので、サイズにとらわれないことが重要です。試着したら、洋服を着る、腕を上げるなど、なじんでいるかをチェックして」

また大人の女性こそマストでキャミソールやインナーを着てほしいそう。オーガニックコットンは着るときは気持ちがいいのですが、実は汗をたくさんかいたときに服と肌の間で乾燥しにくいのも事実。
「体にぴったりすると圧でさらに汗をかくので、汗に対して肌離れのよいポリエステルや指定外繊維に“抗菌・速乾性”マークのついた軽量インナーを使用するのも手」

そして意外と大切なのが色。誰でも“ラッキーカラー”や“好きな色”があるように、下着に取り入れることで元気になる色があります。この色は奇抜? と思っても、自分が今気になる色をつけるのも下着選びの醍醐味。
「時の流れに任せてずっと使い続けるのはNG。心地よいのか伸び切っているのかわからなくなります。ハリのある下着をつけましょう」


下着お悩み中メンバー PROFILE

Hal店主
後藤由紀子さん
沼津の器と雑貨の店「hal」を営む。センスのよいファッションや丁寧な暮らしぶりが人気を集め、『後藤さん、今日はどちらへ? 地元な暮らし』(大和出版)など著書も多数。
エッセイスト
柳沢小実さん
『40歳からの暮らし替え』(大和書房)など、衣食住をテーマにした著書多数。読売新聞水曜夕刊(隔週)で「軽やか生活」を連載中。趣味は台湾旅行と台湾茶を楽しむこと。
編集ライター
仁田ときこさん
さまざまなファッション誌やライフスタイル誌で執筆。学生の頃からランジェリーオタクで、妊娠後に体形が崩れて心地よい下着を常に探求。2人の男児を育てるママ。

プロに聞きました! 下着選びのお悩み Q&A

Q1.
なで肩なので肩紐が落ちやすいです。どうしたらよいでしょう?(柳沢さん)

「なで肩さんの場合は、華奢な細いタイプより太いストラップがおすすめです。肩紐の取り外しができるブラジャーを“バッククロス”にして着けるのも一案。お店で購入の場合、ストラップのつけ根の背面側(アンダーベルトがあるほう)を背中の中心寄りに“お直し”することも可能です。あと、新品でない場合は伸縮性がなくなったらすぐ買い替えましょう。いくらアジャスターで調整してもただの紐なので」(浅井さん)

 

Q2.
タイトなTシャツやニットを着たとき、線が出にくいブラはありますか?(仁田さん)

大切なのは体にフィットしたブラを選ぶこと。カップまわりが大きくてプカプカしていたり、谷間をつくるために小さなカップに胸を押し込んだりしていませんか? 3/4カップのブラで、カップのトップの左右の間隔が短いとシャープできれいなバストがつくれます。これならどんな洋服もひびかず、スッキリした印象に。縫い目がないモールドカップはツルンとしてニットやTシャツにひびきませんが、スタイルよく見せるなら接ぎと縫合で構成された普通のブラがおすすめ」(浅井さん)」

 

Q3.
リンパの流れを滞らせない下着を教えてください(後藤さん)

鼠蹊部や脇下を締めつけないものを選び、パワーネットで仕立てた矯正下着は避けて。半袖やフレンチ袖などの袖付き下着は、一見“おばさま”ぽく見えますが、リンパの滞りの大敵である冷えを軽くし、体調が快適になります。窮屈さや締めつけのない、体に合ったブラを着けたうえにインナーを着けると、自分の肌の状態や圧に関する心地よさを自覚できますし、洋服を衛生的に保ち、かつ体のラインがすっきり見えます」(浅井さん)

 

 

Q4.
ランニングやトレッキング時におすすめの下着を教えてください(柳沢さん)

「美しいバストを保つには、運動時に“揺らさないこと”が基本。だからスポーツブラはバストをコンフォートし、どれもおさえている感があるんですよね。運動時は上半身、特に肩甲骨を動かすので安定が必要。なので、運動時にふっくらバストをキープしたい場合は、肩紐が太く、肩や背中が動かしやすいノーワイヤブラを。アンダーベルトも幅があったほうが動きやすいので、あまりソフトすぎないものを選んで」(浅井さん)

 

 

Q5.
使いやすい色、肌に透けにくい色はありますか?(後藤さん)

「白の服に透過しにくいのは、赤やボルドーカーキ、濃いグレー、黒の代わりにネイビーやブラウンも一年中使えるのでおすすめ。下着はとかくパステルを意識しがちですが、アウターとコーディネートしやすい色もたくさんあるんです。迷ったらなるべくアウター色で出番の多い色を選んで。たとえばアウターの紺とパープルのブラ、アウターのオレンジとブラウンのキャミソールなど。自分でインナーと服とのおしゃれの意味をつくるのも楽しいですよ」(浅井さん)

 

 

Q6.
乾燥肌&敏感肌なのですが肌にやさしい下着はありますか?(柳沢さん)

肌の当たるカップが綿やシルク、オーガニックコットンのブラがおすすめ。キャミソール、タンクトップなどのインナーも天然素材を意識して。モダール(パルプ原料の天然繊維)もしっとりした肌触りで、気持ちいいと感じますよ。暑い・寒いに特化した商品はありますが、体調や肌状態によって冷静に選ぶべき。乾燥肌の方は洗濯洗剤や柔軟剤によるアレルギーもあるので、やさしい洗剤に切り替えるのもひとつです」(浅井さん)

 

Q7.
衣類用洗剤で何度か洗ったら肌触りが悪くなりました……(仁田さん)

「下着は水流に任せた洗濯をすると痛みが早いので、下着専用洗剤で手洗いを。普通の衣料用洗剤を1滴、湯に溶かした桶に23分浸けて、ぬるま湯か水ですすぐだけでもOK。洗う箇所はカップ内のワイヤー周囲や汗をかいた部分ぐらい。すすいだら軽く絞って脱水を1分し、すぐ乾かして。寿命は洗濯機で洗ったら半年、手洗いの場合は3年。伸縮性のあるポリウレタンが入った下着は柔軟剤を使うと伸びてしまうのでNGです」(浅井さん)

Q8.
疲れた体を癒やしてくれる下着はありますか?(後藤さん)

「下着まわりで疲労を和らげるとしたら、一番は“寝間着”だと思います。寝るときにコットンや麻、マイクロモダールなど、体を適度な開放感で包んで、かつ肌にやさしいパジャマやスリーブワンピ(ネグリジェ)、レッグウォーマー、靴下にこだわって。手首、足首、顔下の首を冷やさないための家用ウォーマーを見つけましょう。下着だったら『おなかすっぽりショーツ』や『はらぱん』、ノーワイヤのソフトブラなどを」(浅井さん)

 


教えてくれたのは……浅井明子さん

PROFILE
ランジェリースタイリスト。下着会社や輸入下着店の広報を経て独立。意外と知らない下着の知識を数多くの媒体で紹介。国内外ブランドに精通し、その人に合った下着の選び方や着け方をアドバイス。主宰する「女子ブラ会」では毎回予約が殺到する。

photograph:Atsuko Chiba styling:Sekiko Minami text:Tokiko Nitta web edit:Mina Ota
リンネル2018年4月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

Related Article
関連記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2022年7月号

初夏から夏へ! 季節のはざまの軽やかな装い

特別付録
MOOMIN[ムーミン]
ポケットにしまえて絵柄が変わる!
リトルミイ大型ボストン

特別価格:1040円(税込) / 表紙:麻生久美子 /
2022年5月19日発売

VIEW MORE