LIFESTYLE

災害時の備えは万全? シーン別危機管理マニュアル 災害時の備えは万全? シーン別危機管理マニュアル

防災,避難,災害,救命,応急処置
連載 #防災

地球規模で気候が変わり始めている昨今、さまざまな自然災害が頻発しています。いつ起きるかわからない非常事態に備えるべく、災害危機管理アドバイザーの和田隆正さんと防災士の小川光一さんに、防災の基本ともいえる、住んでいる地域の土地情報の把握方法や、災害時の救命・避難方法、ケガをしたときの応急処置の仕方を教えていただきました。

目次
災害時の備えは万全? シーン別危機管理マニュアル
  1. 住んでいる地域の“土地情報”を集めることが最優先!
  2. そのときどうすれば!? 災害別、避難&救命マニュアル
  3. これだけは知っておこう! 大切な人と自分を守る応急処置
  4. 基本の防災グッズ3種がそろっているかもしっかりチェック!
  5. 教えてくれたのは…小川光一さんと和田隆昌さん

住んでいる地域の“土地情報”を集めることが最優先!

地震、津波、土砂崩れや地滑りなどの風水害。毎年のように災害にみまわれる日本ですが、「もはや天災、異常気象とはいえず、雨や雪が降るように起こってしまう“気候変動”のひとつと捉え、準備をするのが賢明です」と話すのは、災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さん。
前もって天気予報を確認し、雨具を用意するのと同じ感覚で、防災の準備に必要なのは、持ち出し袋や備蓄品よりも先に、ハザードマップや防災アプリで「情報」を手に入れておくことです。

① “ハザードマップ”は市町村と国土交通省の2種類をチェック!

自分が暮らす市町村のハザードマップ(洪水、火災、津波など可能性が高いもの)のほか、河川の氾濫は国土交通省のハザードマップを確認。
「津波の可能性があるところは津波ハザードマップなど市町村によってさまざまな種類があります。ご自分の住んでいる地域のハザードマップを見て危険な場所を頭に入れておきましょう。また、どの地域でも地震、水害には特に注意が必要。日本列島ではどこでも起こる可能性が高いですから」

② “災害用アプリ”をダウンロード! 必要なニュースと情報を通知

何が起きているのか、どうすればいいのかの理解、判断を手助けしてくれるのが防災アプリ。そのうち、ではなく、今すぐにダウンロードしましょう。
必要な場所を登録しておくと、その付近に関する速報や情報を通知してくれるほか、避難所情報やニュースと連動した映像が見られるなど、知りたい情報が即座に手に入ります。
「いざというときに使えるよう、ある程度アプリに慣れておきましょう」

\ぜひ! すぐ! ダウンロードしてほしい 災害用アプリ3選/

NHKニュース・防災
NHK公式アプリ。速報や情報をプッシュ通知で。
Yahoo! 防災速報
自宅など国内の最大3地点と現在地の情報を通知。
防災情報 全国避難所ガイド
今いる場所から近い避難所へのルート案内が可能。

次のページそのときどうすれば!? 災害別、避難&救命マニュアル

連載 #防災

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年9月号

涼やかに暮らす夏のアイデア

付録
miffy[ミッフィー]
ミッフィーの缶ケース付き
ミニ文具セット

特別価格:1,390円(税込) / 表紙:黒木 華 /
2024年7月20日(土)発売 ※一部地域では発売日が異なります

VIEW MORE