LIFESTYLE

防災グッズで本当に必要なものリスト 「もしも」に備えて自宅の準備の見直しを 防災グッズで本当に必要なものリスト 「もしも」に備えて自宅の準備の見直しを

防災,防災グッズ
連載 #防災

台風は年々大型化し、地震もいつ起きるかわからない……近年、頻発するさまざまな自然災害に対して、日頃から非常事態に備える必要性が高まっています。でも何をどんなふうに準備すればいい? そこで、災害危機管理アドバイザーである和田隆昌さんに、防災グッズのそろえ方を教えていただきました。

目次
防災グッズで本当に必要なものリスト 「もしも」に備えて自宅の準備の見直しを
  1. 基本の防災グッズは3種。特別なものはなくてOK!
  2. ① [避難用防災グッズ] 非常時の“一時持ち出し”セット
  3. ② [普段用防災グッズ] “毎日持ち歩くもの”セット
  4. ③ [自宅避難用防災グッズ] 1週間分の“備蓄品”
  5. 教えてくれたのは…和田隆昌さん

基本の防災グッズは3種。特別なものはなくてOK!

いったい何から用意したらいいのかわかりにくい防災グッズ。とはいえ、特別なものではなく、家にあるものや100円ショップで買えるものを利用するのがおすすめ。

まずは、防災グッズを3つの基軸で考えるのがポイントです。

 

① [避難用] 非常時の“一時持ち出し”セット

② [普段用] “毎日持ち歩くもの”セット

③ [自宅避難用] 1週間分の“備蓄品”

 

次に、この3段フェーズによる、それぞれの防災グッズのそろえ方のポイントをおさえましょう。

 

① [避難用] 非常時の“一時持ち出し”セット

「一時持ち出し袋は、あくまで避難所に移動するまでに必要なもの。安全にたどり着くため、避難所で配給が始まるまでの短い時間を過ごすために使うものを入れる必要があります。間違ってもここに大量の水や食料は入れないように。リュックが重すぎて移動できなくなってしまいます」

 

② [普段用] “毎日持ち歩くもの”セット

見落としがちなのが出先で地震に遭った場合。

「自宅にいるときに地震がくるとは限りません。外でパニックにならないように、必要最低限のものをまとめたプチ防災セットを作り、常に鞄の中に入れておくと安心です」

 

③ [自宅避難用] 1週間分の“備蓄品”

自宅で避難する場合、電気・ガスなどが使えない状況で必要になるものが「備蓄用品」。1週間程度を過ごせることを目安に量をそろえます。

「建物には被害がなくても水や電気、ガスなどインフラが停まりやすい集合住宅の上層階の方は、簡易トイレ、水と食料、調理用の簡易コンロとガスボンベはあったほうが安心です」

 

それでは、フェーズごとに、具体的なアイテムをまとめたリストをチェックしていきましょう。

次のページ① [避難用防災グッズ] 非常時の“一時持ち出し”セット

連載 #防災

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年9月号

涼やかに暮らす夏のアイデア

付録
miffy[ミッフィー]
ミッフィーの缶ケース付き
ミニ文具セット

特別価格:1,390円(税込) / 表紙:黒木 華 /
2024年7月20日(土)発売 ※一部地域では発売日が異なります

VIEW MORE