LIFESTYLE

【吉田羊さんの着物と12のアソビゴコロ】 第3回 季節をアソブ 【吉田羊さんの着物と12のアソビゴコロ】 第3回 季節をアソブ

吉田 羊
【吉田羊さんの着物と12のアソビゴコロ】 第3回 季節をアソブ
この記事の画像一覧を見る(7枚)
連載 #吉田羊さんの着物と12のアソビゴコロ

アンティーク着物を愛する吉田羊さんが、四季折々に着物のおしゃれを楽しむ様子を撮り尽くしたフォトエッセイ『ヒツジヒツジ』(宝島社)を発売。その至極の着こなしの数々から、「着物で遊ぶ」をテーマに切り取ったアソビゴコロあふれる着物語りを12か月に渡って綴っていきます。第3回で遊ぶのは「季節」。

目次
【吉田羊さんの着物と12のアソビゴコロ】 第3回 季節をアソブ
  1. 日本ならではの四季をおしゃれに取り入れて。
  2. 季節をテーマにした着物ハンティングも楽しい。
  3. 季節ごとの質感も大切に。
  4. 季節の移り変わりを色や柄で表現して。
  5. 吉田羊さんのフォトエッセイ『ヒツジヒツジ』好評発売中です!

こんにちは、吉田羊です。
着物スタイルだからこその「アソビゴコロ」をお伝えする連載です。
去る9月30日(土)、10月1日(日)に開催しましたイベント「マトウヒツジ」には多くの方が着物姿で来場くださり、
思い思いに着物スタイルを楽しまれている様子に胸熱でした(感涙)。
涼しくなったこれからの季節はまさに着物日和。
ということで、今回のテーマは季節をアソブです。
さまざまな色柄がある着物は、
季節の風景やイメージになぞらえたアソビゴコロを存分に表現できる、まさに舞台!

日本ならではの四季をおしゃれに取り入れて。

四季のある日本は、季節の移ろいを身近に感じながら、その喜びを着物で先取りして表現するという文化があります。ということから、「着物には季節によってルールがある」といった印象があるかもしれませんが、難しく考えないで! というのがヒツジ流。
洋服だって例えば桜の時季だからピンクを着てみようとか、クリスマスだから星のイヤリングをしようとか、おしゃれで季節を楽しみますよね。アンティーク着物もそれと同じこと。
着物の場合は色や柄が豊富なので、さらに奥深さがあるんです。

季節をテーマにした着物ハンティングも楽しい。

秋深くなるこれからの季節の楽しみといえば紅葉。色づく木立の下で自分も紅葉の一部に!という気分で紅葉柄の着物をセレクト。

色づく木立の下で自分も紅葉の一部に!という気分で紅葉柄の着物をセレクト:【吉田羊さんの着物と12のアソビゴコロ】

そして秋といえば柿。柿の木に止まる鳥が描かれた帯を合わせました。「甘い柿を早く食べたいな〜」という気持ちまで表れているみたいでしょ。この鳥の尾っぽが青かったので、その色から帯揚げの色を選んだのもポイントです。 夏の終わりに「秋といえば」の発想で、食欲の秋=葡萄やキノコなどの柄、芸術の秋=絵画や音符の柄などと、着物を探しにいきます。たくさんのアンティーク着物の中から、まるで狩猟のような気持ちで「あったー!」と手にする快感もたまりません!

柿の木に留まる鳥が描かれた帯を合わせました:【吉田羊さんの着物と12のアソビゴコロ】

次のページ季節ごとの質感も大切に。

連載 #吉田羊さんの着物と12のアソビゴコロ

Related Article
おすすめ記事

リンネル最新号&付録

  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号
  • リンネル 最新号

2024年9月号

涼やかに暮らす夏のアイデア

付録
miffy[ミッフィー]
ミッフィーの缶ケース付き
ミニ文具セット

特別価格:1,390円(税込) / 表紙:黒木 華 /
2024年7月20日(土)発売 ※一部地域では発売日が異なります

VIEW MORE